ホーム » 経営・リーダー » <打てば響く組織>「心を通わす」ために松下幸之助が求めたこと

<打てば響く組織>「心を通わす」ために松下幸之助が求めたこと

2013年09月04日 公開

編集部

《『PHPビジネスレビュー松下幸之助塾』2013年9・10月号 特集 「打てば響く組織」への挑戦 より》

松下幸之助が求めた組織は、いわば一個の人間の感情をそのまま共有できるような組織だったのかもしれない。ある部門が成果をあげた喜びを他部門でも喜べる、ある部門の苦しさを他部門が思いやる、そんな有機的な組織。それが幸之助の言う「打てば響く組織」のイメージだ――。

究極の組織とも言えるその姿のために、幸之助が求め訴えたこととは何だったのだろうか。  

(文:渡邊祐介)

 

経営者の求める姿勢なくして

 

 よい経営を行うためには、よい組織が必要である。ではよい組織とはどのような組織なのだろうか。パナソニック創業者・松下幸之助は活力のある組織、端的に言えば「打てば響く組織」をつくるべきだと指摘している。

 それは、「お互いの意思が縦横に通いあう風通しのよい組織」のことであり、そうした組織づくりが実現していれば、よい情報も悪い情報も社員からどんどん上がってきて、外部環境がどのように変化しようが敏感に対応できるというわけである。こうした組織の感覚は、一般論として理解できる。しかし、自社の組織をどう評価するかとなると、経営者自身なかなか胸を張って答えられるものではない。むしろ経営者よりも一般社員のほうがシビアな感覚をもっているかもしれない。

 そもそも幸之助自身がこの「打てば響く」「風通しのよい」組織を意識したり、実感したりしたのはいつごろだったのだろう。

 最も古いエピソードは戦前、従業員数が400人ぐらいの町工場に成長していたころのことである。

 店員の一人が得意先回りで、ある問屋へ行ったところ、そこの主人がたいへん立腹していた。それはかなり手きびしい言葉であった。

 「おまえのところの品物を小売屋さんに売ったら、評判が悪いといって返されてきた。せっかく売ったのに返されて、わしは憤慨しているのだ。けしからん。だいたい松下が電器屋をするなどとは生意気だ。電器屋というのはむずかしい技術がいるものなのだ。こんな品物をつくるくらいなら、焼きいも屋でもやっておけ、それが松下には手ごろな仕事だ。帰ったらオヤジにそう言っておけ」

 店員は店に戻ると、そのまま幸之助に報告した。謝罪する必要を感じた幸之助は、その問屋を訪問し、わびの言葉を述べた。すると主人はこう言ったのである。

 「いやおそれいった。腹立ちまぎれに強く言ったのだが、お宅の店員がまさか焼きいも屋になれということをそのままあなたに伝えるとは夢にも思わなかった。失礼した。腹を立てないでくれ」

 あとは笑い話になって、この問屋は以降ほかの問屋にも増してより理解のあるひいき筋になったという。

 店員が幸之助に先方から言われたとおりの言葉を伝えたのは、日ごろ、たとえいやなことでも話してくれよと幸之助から言いきかせられていたからであった。もし店員が、幸之助が不愉快に思うだろうとか悲しむだろうとかと斟酌 <しんしゃく> して表現を変えて報告したりすれば、幸之助にとってほんとうに必要な実際のことが伝わらなくなる。 

 トップに立つ経営者がみずから下意上達かくあるべしという理想を追っていないと、容易に「打てば響く」ようにはならない。すでに幸之助はこの時期から組織の妙というものを認識していたのである。

 

☆本サイトの記事は、雑誌掲載記事の冒頭部分を抜粋したものです。以下、「中小企業のオヤジになりたい」「打てば響く組織は『心が通わせられる』」「官僚化を打破するために」「全階層が響き合う組織へ」などの内容が続きます。記事全文につきましては、下記本誌をご覧ください。(WEB編集担当)

 

<掲載誌紹介>

 『PHPビジネスレビュー松下幸之助塾』
 2013年9・10月号Vol.13

<読みどころ>
9・10月号の特集は「『打てば響く組織』への挑戦」。 「打てば響く」という句は、もともと太鼓や鉦(かね)をたたけばすぐに音がするように、反応のよい利発な“人”を形容する表現であったが、今では組織の評価を示す際にも一般的に使われる。風通しやコミュニケーションがよく、目標達成に向け統制された行動が取れている組織が、「打てば響く」組織と言えよう。
 本特集では、(1)モチベーション研究のスペシャリスト、(2)弱小高校サッカー部をインターハイ優勝校に育て上げた公立高校の監督、(3)徹底したガラス張り経営で業績を伸ばす経営者――など、さまざまな分野で実績を上げている組織づくりのプロから、そのヒントを学ぶ。
 そのほか、タイで出家した日本人僧が綴る「ほほえみの国 タイから」が連載開始!ぜひお読みいただきたい。

 

 

BN

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

“自立した個”が強いチームをつくる  安芸南高校サッカー部監督 畑喜美夫の挑戦

レポート: 森末祐二 (編集創房・森末企画)

「丸見え経営」が価値観の共有を生んだ

平本 清 (21〈トゥーワン〉相談役)

フラット組織に問題あり!  まずはコミュニケーション効率化から

小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)

松下幸之助はどのような「健康観」を持っていたのか

PHP研究所経営理念研究本部

チーム全員が定時に帰れて結果も出る“リーダーの良い習慣”

佐々木常夫(東レ経営研究所特別顧問)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー » <打てば響く組織>「心を通わす」ために松下幸之助が求めたこと