ホーム » 趣味・教養 » AKB48・内山奈月が南野森教授に学ぶ憲法講義

AKB48・内山奈月が南野森教授に学ぶ憲法講義

2014年07月15日 公開

内山奈月(AKB48メンバー)、南野森(九州大学教授)

 

憲法とは何か

 日本武道館のステージで憲法を暗唱して聴衆を沸かせた高校生(当時)アイドルが、気鋭の憲法学者による講義をマンツーマンで受けた結果、 「日本一わかりやすい憲法の入門書」ができました!
 とはいえ、「人権論」から「統治機構論」へと展開する本書の内容は、かなり本格的なもの。「表現の自由」が憲法全体に果たす役割の重さには驚きを禁じえません。また、恋愛の自由、パパラッチの問題など、アイドルなら気にせずにはいられない事象についても、真正面から論じています。さらには、今夏、国内外で注視されている「集団的自衛権」の問題についても、ガチンコで議論を戦わせている大注目の1冊です。


 

憲法は「最高法規」である

南野
 憲法とは何か。これは、じつはすごく難しい問題で、われわれ憲法学者でもきちんと答えるのは難しい。というのは、人によって考え方やアプローチが違うからです。

 内山さんは「憲法とは何か?」と聞かれたら、つまり“Whatis the Constitution?”という問いにどう答えますか?

内山
 憲法とは……最高法規? 法律とか国会が、いちばん最初に縛られるものが憲法だと思います。

南野
 いいですね。模範的な解答です。憲法とは「最高法規」のことです。

 普通は最高法規というと、すごく大切なものとか、すごく偉いものとか、とても力が強いというイメージがある。

 それだけではなく、最高法規には「国民も言うことを聞かなくてはいけない」とか、「とにかく守らなければいけない」というイメージもありますね。

 日本国憲法の条文にも最高法規ということは明記されています。何条かわかりますか?

内山
 98条です。

第98条
(1)この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

(2)日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

南野
 そうですね。憲法自体にそう書いてある。だから憲法は最高法規である、というのは正しい。でも、それだけでは不十分であるということを、これから考えていきます。

 

警察官と誘拐犯はどう違うのか?

南野
 ところで、突拍子もない話で恐縮ですが、内山さんは警察に逮捕されたことはあります?

内山
 ありません(笑)。

南野
 でしょうね。お家はお金持ちですか?

内山
 ……? いえ、普通です。

南野
 そうですか。

 

 なぜこんなことを聞いたかというと、たとえば逮捕されると、パトカーに乗せられてどこかに連れていかれます。私たちは、逮捕の現場を見れば、「悪いやつが捕まって、警察のパトカーに押し込まれて警察署に連れていかれた」と理解しますよね。

 一方、世の中には誘拐という犯罪がある。誘拐犯は、道を歩いている普通の人を突然、車に押し込んでどこかに連れていく。

 警察官が誰かを逮捕して、抵抗しているにもかかわらず手錠をはめて、パトカーに乗せて連れていくのと、誘拐犯が嫌がる人を突然トランクに押し込んで連れていくのは、外見上は一緒です。

 ところがわれわれは、あれは警察に逮捕された、こっちは誘拐犯だと……。

内山
 区別できる。

南野
 そうでしょう? それはなぜなのか。

 もう1つ、お家はお金持ちですかと聞きましたね。お金持ちは脱税をしがちです。

内山
 ……そうなんてすか?

南野
 そういうことにしておいてください(笑)。

 お金持ちが税金を払わないで家に財産を隠していると、「マルサ」がやってきます。国税局という役所の査察官ですね。彼らは昼間から家に押し入ってくるなり「動くな」と言って、畳をはがしたり、壁にかけてある絵をひっくり返したりして、そこに札束を隠してないか、金塊が埋まっているんじゃないかと家探しをする。もしも札束や金塊が見つかったら、「これは預かります」などと言って持っていってしまうわけです。

 これは、白昼に強盗に入られてお金を持っていかれることと外見上は同じですよね。

 ところが、やはり私たちは国税局の査察と強盗は区別できる。逮捕と誘拐を区別できるのと同じように。

 これはどういうことか、ということをまず考えてほしいんです。

<<次ページ>>権限には根拠がある

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

憲法議論の前に知っておきたい「憲法の3つの顔」

木村草太(首都大学東京法学系准教授)

アメリカは変えにくい憲法を日本に与えた

日高義樹 (ハドソン研究所主席研究員)

石破茂 憲法を、取り戻す。

石破茂(自由民主党幹事長)

立憲主義と自民党改憲案―憲法の本質を問う

伊藤 真(弁護士、伊藤塾塾長)

松下幸之助は「憲法」をどのように考えていたのか

PHP研究所 経営理念研究本部


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » AKB48・内山奈月が南野森教授に学ぶ憲法講義