ホーム » WEB特別企画 » 女性のための老子<14>草木の生ずるや柔脆にして、その死するや枯槁なり

女性のための老子<14>草木の生ずるや柔脆にして、その死するや枯槁なり

2016年06月14日 公開

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)

 PHPスペシャル2016年5月号より

<今月のTAOの言葉>

草木の生ずるや柔脆(じゅうぜい)にして、その死するや枯槁(ここう)なり

~木々も若いときは柔軟で、堅くなると枯れる

早島妙聴

 

自然も社会も変化する

緑の輝く、人も自然も活動的な季節になりました。今年は冬から春にかけて、非常に寒い日と温かい日が何度も繰り返しやってきて、体調をくずされた方も多かったのではないでしょうか。そんな中で、自然の木々は気候の変化にも何の文句もいわずに順応している、その柔軟さには静かな強さを感じ、学ぶべきものがあります。そして変化する自然と同じように、社会環境も日々変化しています。今月は世界の名著、老子76章から、柔軟さこそが生命力の元である、ということを学び、女性の本来もつ柔軟さを生かして、ストレスだらけの変化の時代を、しなやかに元気に生き抜く力としましょう。

 

柔軟さこそが生命力

皆さんは新しい環境を楽しめる人でしょうか、それとも慣れるまでに時間がかかるタイプですか。春はとくにご自身やご家族の新入学、転勤、人事異動などがあって、新しい変化に少し緊張した日々を送られていた方も多いはずですが、今ごろになると、その緊張が疲れとして心や体に表れてくることも多いのです。今、なんだか体が重い人は、変化をストレスとしてしまう、完璧主義の人かもしれませんね。「失敗してはいけない、最初からうまくやろう」と思えば、より緊張し、またその気遣いで疲れます。

だれでも初めての出会いや環境は、慣れるのに時間がかかるのです。ですから、完璧にやらなくちゃ、と堅く考えずに、初めてのところだから、皆さんに聞いて少しずつ覚えていこうという、すなおな気持ちでいれば良いのです。そしてよりポジティブになりたかったら、新しい経験を、楽しんでみましょう。そんなふうに思うだけで、本来柔軟さを特徴とする私たち女性は、変化の時代を生き生きと元気に生き抜いてゆけるはずです。さあ、新しいことにも積極的に挑戦して、楽しい人生を開こうではありませんか。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

早島妙聴(​はやしま・みょうちょう)

東京都生まれ。一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院学長。お年寄りから子供まで、わかりやすいタオイズムを伝え、健康で幸せな人生に活かすタオイズムの真髄を伝えている。

関連記事

編集部のおすすめ

女性のための老子<13>希言は自然なり

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)

女性のための老子<12>天下皆美の美たるを知る、これ悪のみ

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)

女性のための老子 今月のTAOの言葉(連載一覧)

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » WEB特別企画 » 女性のための老子<14>草木の生ずるや柔脆にして、その死するや枯槁なり