ホーム » 生活・健康 » 家は購入すべきか、借りるべきか?~老後資金の視点から、55歳の大学教授が答えます!

家は購入すべきか、借りるべきか?~老後資金の視点から、55歳の大学教授が答えます!

2017年03月07日 公開

榊原正幸(青山学院大学教授)

※本記事は、『老後資金、55歳までに準備を始めれば間に合います』より一部を抜粋編集したものです。

家は購入すべきか、借りるべきか

私が「マイブームは老後対策」と思い始めて、最初に着手したのは自宅の購入です。いわゆる「終の棲み家か 」を確保しておこうと考えたのです。老後に借り家住まいでは心許ないと思ったこともありますし、住宅ローンはどうしても長いローンになりますので、もし家を買うなら少しでも早めに始めたほうがいいと思ったというのもあります。

また、長期的に先を見越して、インフレ対策をしておこうという思いもありました。そして、自宅を購入しておくことというのは、最も安全で効率的な不動産投資にもなると考えたのです。

不動産投資は「せんみつ」といわれており、本当に投資する価値のあるよい物件というのは「千に三つ」しかないというほど、成功するのが難しい世界です。しかし、そんな中でも、比較的成功しやすい不動産投資として、「自宅投資」というのをオススメしたいと思います。

「自宅投資」というのは、不動産投資のような感覚で「自宅」を取得することを指した造語です。「自宅」を取得するというのも、広い意味での不動産投資になるという考え方です。

「分譲(=購入)か、賃貸か。どっちがお得⁉」といったようなタイトルの特集をよく雑誌などで目にします。この議論については、「ライフスタイルや価値観によって人それぞれなので、一概にどちらが得とはいえない」というのが最も的を射た解答なのですが、「一概にどちらが得とはいえない」というのでは解答になっていないようにも思いますので、ここでは少しユニークな角度から、広い意味での不動産投資として自宅を購入することについて考えます。

先に結論を書きますと、ここでは「分譲(=購入)か、賃貸か」については、「分譲(=購入)」に軍配が上がるという立場で考察を展開していきます。自宅(自己居住用の不動産)は、賃貸ではなく、物件を慎重に検討したうえで購入したほうがよいというわけです。

本書では、「老後対策」の一環として自宅投資を推奨します。なにしろ、老後において「食う寝るところに住むところ」がなければ話になりません。

また、「ずっと賃貸でいいよ」という考えの人でも、一定以上の高年齢になってしまうと、貸してもらえなくなる可能性もありますので、やはり「食う寝るところに住むところ」は自前で確保しておいたほうがいいという考えが根底にあります。

本書では、「老後対策」というところに軸足を置いて考えますので、自宅投資についても「老後対策」ということが思考の底流にあるのです。

そもそも、「老後に住むところがなくなる」または、「老後には、狭くて汚いところにしか住めない」というのが最も惨めなパターンなので、それを避けようというのが発想の原点です。そう考えると、賃貸ではダメで、「わりとお気に入りの自宅」を買っておくことが重要です。それを準備するというのが、老後対策として最初に行なうべきことなのです。

iyashi

著者紹介

榊原正幸(さかきばら・まさゆき)

青山学院大学大学院教授

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授。専攻は会計学。
1961年、名古屋市に生まれる。1984年、名古屋大学経済学部卒業。1990年、名古屋大学大学院経済学研究科博士課程修了。1997年、東北大学助教授。2001年、レディング大学よりPhDを授与される。2003年、東北大学大学院教授を経て、2004年から現職。
主な著書に、累計10万部のベストセラーとなった『株式投資「必勝ゼミ」』シリーズ、『いちばん安心できる「お金の授業」』『現役大学教授が本気で書いた「株式投資の教科書」』(以上、PHP研究所)等がある。

関連記事

編集部のおすすめ

老後対策が気になり始めたら? ―55歳までには始めたい4つの準備

榊原正幸(青山学院大学教授)

アベノミクスの本当の目的は「国債の買いオペ」? ハイパーインフレは起こるのか?

榊原正幸(青山学院大学教授)

副業を始めたいなら「週末コンサル」をめざしてみませんか?

鈴木誠一郎 《経営コンサルタント》


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 家は購入すべきか、借りるべきか?~老後資金の視点から、55歳の大学教授が答えます!