ホーム » 生き方 » 友だちの結婚に嫉妬してしまいます……こころ相談

友だちの結婚に嫉妬してしまいます……こころ相談

2015年03月04日 公開

菅野泰蔵(東京カウンセリングセンター所長)

がんばって仕事をしてきたけど……

商社で総合職に就いていますが、このままずっと仕事をしていったらいいのかどうか迷っています。最初のころはキャリアウーマンを目指していたし、仕事だってできるという自負もあります。とにかく仕事のことを優先してきました。でも、同い年の友だちが結婚して家庭に入って行くのを見るといつも心が揺らぎます。最近では一番仲のいい友だちが結婚するという報告を受けて、正直なところ嫉妬を覚えました。ほんとうは祝福してあげなきゃと思うのですが、そういう自分がまた嫌になります。
(29歳、OL)

 

嫉妬心について

女性の場合、仕事と結婚の折り合いをつけるのはなかなか大変なことだと思います。特に、30歳、35歳の頃になると、どんな人でもあなたのように迷ってしまうようです。無理もありません。これからが仕事の上では一番脂がのってくる時期なのに、世間一般的には結婚適齢期のリミットが近づいて来るわけですから。でも、ここでどちらかを選ばなくてはならないと考えるのはちょっと性急でしょう。

まだあなたの気に入る人が現れていないだけの話かもしれませんし、仕事を優先してきたことはあなたの意志なのですから、それに間違いはないのです。キャリアウーマンを目指した当初の意欲とここまでの頑張りを振り返ってみましょう。あなたのことですから、あまり仕事には打ち込まずにさっさと結婚していたらもっと悔いを残しているのではないでしょうか。

友だちの結婚に嫉妬を覚えてしまうことに自己嫌悪を感じているようですが、それは当たり前のことです。別に醜いことではありません。うらやましいと思いつつも祝福したい気持ちがあるならばそれでいいのです。心に何の曇りもなく、100%祝福しなければいけないんじゃないかと考えているとしたら、(それがあなたのいいところですが)ちょっと窮屈な構えですね。しばらくはいろんな気持ちが絡み合うと思いますが、焦らず、じっくりとこれからのことを考えましょう。 

iyashi

著者紹介

菅野泰蔵(すがのたいぞう)

東京カウンセリングセンター所長

 1953年東京生まれ。学習院大学卒(心理学)。臨床心理士。学習院大学、代々木の森診療所などを経て、現在東京カウンセリングセンター所長。ベストセラー「こころの日曜日」シリーズ(法研)を始め、「淋しい女と困った男」(双葉社)など著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

上司の前で涙をこらえるには?……こころ相談

菅野泰蔵(東京カウンセリングセンター所長)

夫の浮気に悩んでいます……こころ相談室

菅野泰蔵(東京カウンセリングセンター所長)

人付き合いに自信がありません……こころ相談

菅野泰蔵


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 友だちの結婚に嫉妬してしまいます……こころ相談