ホーム » WEB連載 » 3人の子供がいますが、なぜか真ん中の子がかわいくありません……こころ相談

3人の子供がいますが、なぜか真ん中の子がかわいくありません……こころ相談

2017年03月16日 公開

菅野泰蔵(東京カウンセリングセンター所長)

なぜか真中の子は好きになれず、自己嫌悪に

相談内容

3人の子供がいます。そのうち、なぜか真中の子は好きになれません。そんな私の気持ちが届くのか、兄弟の中でもいつも意地悪ばかりして、喧嘩の種となっています。だから好きになれないのか、好きになれないから意地悪をしてしまうのかは、分かりません。

怒りすぎてカッとなり「いない方がいい」とさえ言ってしまい、自己嫌悪に陥ることもしばしばです。子供にはもうしわけないのですが、どうすればかわいく思えるでしょうか。

(30歳、主婦) 

 

母親が好意を向けなければ……

アドバイス

3人もお子さんがいれば、多少なりともかわいがり方に差ができてしまうのはしかたないことです。兄弟姉妹は親の愛を奪い合う関係にありますから、彼らはそこには非常に敏感です。真ん中のお子さんもどこか違うなと感じているかもしれません。

人間関係の原理として、こちらが好意を向けないと相手もそうはしないということがあります。つまり、こちらが悪いメッセージを送るとそのお返しに悪いメッセージが返ってくるわけで、そのことでまたこちらも悪いメッセージを送ることになります。そういう悪循環になっているようですね。こうなってしまうと「好きになれないから意地悪するのか、それとも意地悪するから」というような原因と結果の関係をいくら考えても意味はありません。

これを断ち切るのは、この場合、母親のあなた次第です。あなたが少しでもお子さんにいい接し方ができれば、お子さんもそれに応えるでしょう。するとそれを受け取ったあなたもお子さんといい接し方ができる。そうなればもう可愛いものです。

そのためには、お子さんのいいところをどれだけ見つけられるかでしょうね。なに、ちょっと気持ちの上で何かが邪魔していて見えなくなっているだけのことですよ。あなたに気持ちの余裕ができればいくらでも見つかるはずです。それでもちょっと難しそうだということであれば(あるいはそうでなくても)、他のお子さんに訊いてみましょう。子どものことは子ども訊くのが一番です。もちろんご主人の意見も参考になるでしょう。まだ小さいお子さんですから、これからですよ、これから。

iyashi

著者紹介

菅野泰蔵(すがのたいぞう)

東京カウンセリングセンター所長

 1953年東京生まれ。学習院大学卒(心理学)。臨床心理士。学習院大学、代々木の森診療所などを経て、現在東京カウンセリングセンター所長。ベストセラー「こころの日曜日」シリーズ(法研)を始め、「淋しい女と困った男」(双葉社)など著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

子どもの心を荒らさない!年齢別・親の関わり方

渡辺弥生(法政大学文学部心理学科教授)

やる気と自信を奪っていませんか!? 子どもの可能性をつぶす親の7大特徴

清水克彦

4月からがベストタイミング!子どもに「お手伝い」をさせてみよう

高濱正伸(花まる学習会代表)

菅野泰蔵先生に聞く「こころ相談室」



WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » WEB連載 » 3人の子供がいますが、なぜか真ん中の子がかわいくありません……こころ相談