ホーム » 生活・健康 » 子どものための発達トレーニングで大切なこと

子どものための発達トレーニングで大切なこと

2017年05月21日 公開

岡田尊司(精神科医)

トレーニング効果を倍加させる決め手とは

発達のトレーニングにおいて、実は、もっと重要なことがあります。それをお伝えしたいと思います。

早く改善したいと望む人は、ともすると、方法にばかり目を奪われがちになり、あたかも障害や課題が克服できる魔法の方法があるかのように期待しがちですが、人間の発達や心の問題は、それほど単純なものではありません。それは、特別なサプリメントを飲めば、健康な体や若さが手に入ると期待するようなもので、現実にはそういうものはないどころか、偏って一つの食品やサプリばかりを摂りすぎることは、むしろ有害なのです。

発達のトレーニングにおいても、このプログラムがいいので、こればかりをやればいいというものではありません。それは、あくまで筋トレやサプリメントのようなものであり、普段の生活がもっと大事なことは言うまでもありません。限られた短い時間で行うトレーニングが効果的なものになるためにも、普段の生活習慣や家族や学校でのかかわり方が大切になります。

そして、そこにおいて最大の力を発揮するのは、ご家庭や学校が、本人にとっての「安全基地」となるということなのです。学校が、安全基地ではなくなっているというケースも多いことでしょう。そこを変えていくためには、学校の先生の理解や協力が欠かせませんが、まずできることは、家庭だけでも、その子の安全基地となれるように努力することです。

この効果は絶大で、実際にやってみればすぐに実感できると思います。安全基地機能を高めることで、子どもの発達や適応力の促進をはかる方法は「愛着アプローチ」と言い、発達トレーニングと合わせて行うことで、効果がぐんと高まります。愛着アプローチについては、最後の章で説明しますが、子どもにとっての安全基地となることが、何よりもその子の力を引き出すことになるということだけを、今は心にとどめておいてください。

このことは、発達トレーニングをご家庭や学校で行う場合にも言えることです。一番大切なことは、トレーニングが楽しく取り組めるものだということです。

しかし、ご家族や先生が、トレーニングに取り組む場合には、ともすると、この点を忘れてしまいがちになるのです。勉強と同じように、教えたり指導したりというところが強く出てしまうのです。そうなると、もうそれは楽しめる遊びではなくなり、嫌なことをやらされているだけになってしまいます。遊び心を常に忘れずに、一緒に童心に返って楽しむことが大事です。

それとともに、もう一つ大事なのは、常に肯定的なリアクションを心がけることです。ただの遊びの中ですと、相手の失敗を笑ったり、相手を面白がってけなしたりということも起きるでしょうが、トレーニングでは、本人の苦手な課題に取り組むわけですから、軽い気持ちだったとしても、少しでも否定的な評価をされると、二度としたくないということになってしまいます。本人の気持ちを常に考えて、見守り、丁寧に言葉がけをすることです。トレーニングの時間だけでも、そんなふうに大切に接していると、子どもはトレーニングの時間を大好きになると思います。

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

子どものための発達トレーニングに取り組む養育者のかたへ

岡田尊司(精神科医)

子育てで初めて自分の発達障害に気づく母親たち

PHPファミリー

子どもの心を荒らさない!年齢別・親の関わり方

渡辺弥生(法政大学文学部心理学科教授)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 子どものための発達トレーニングで大切なこと