ホーム » 政治 » 北朝鮮問題──中国の「レジーム・チェンジ」で在韓米軍が撤退する?

北朝鮮問題──中国の「レジーム・チェンジ」で在韓米軍が撤退する?

2017年09月10日 公開

津上俊哉(中国経済評論家)

※本記事は津上俊哉著『「米中経済戦争」の内実を読み解く』(PHP新書)より、一部を抜粋編集したものです。

中国による「レジーム・チェンジ」の可能性

「どれだけ交渉をしても、北朝鮮が開発を止めることはない」との前提に立つとしよう。それで合意違反の核ミサイル開発がさらに進展していくとする。北朝鮮は、いまは「核やミサイルの保有は自衛のためだ」と主張しているが、過去の行状を振り返ると、今後「自衛」目的を脱線する恐れは強い。

2つの可能性がある。1つは他国を核兵器で威嚇して経済利益を得ようとする「喝上げ」、もう1つは、麻薬、偽札、大量破壊兵器などを公然と貿易する、それをどこの国も止められないという構図だ。

さらに言えば、北朝鮮の核・ミサイル実験が偶発にせよ事故を起こして韓国や日本が実害を受けるような事態が発生すれば、被害を受けた国では世論が沸騰して武力紛争に発展する恐れも出てくる。そうした状況が座視し得なくなったら、中国はどうするだろうか。

それは最も考えたくない嫌な事態だが、中国人の立派なところは、「そういう最悪の事態になったらどうするか?」という自問から逃げないことだ。私は中国がその検討をまったくしていないはずはないと思う。

逆に我々は、中国が「緩衝地帯」としての北朝鮮を必要としているので、北朝鮮を追いつめるような制裁措置はもともと科すつもりがない、と半ば決めてかかっている。だから、米国も日本も事が起きる度に「北朝鮮にもっと圧力をかけろ」と中国に求めることが半ば「お定まり」化しているのだが、これまでは「その場はそう言って足れり」という思考停止の匂いがしていた。

北朝鮮の崩壊を見たくない気持ちはやまやまだ。しかし、そうは言っていられない最悪の事態が起きたらどうするか? という中国の「自問自答」を我々も「シャドーボクシングしておく」必要があるのではないか。以下は素人なりに私がした思考実験である。
 

兵糧攻めはしない(一気に行く) 

中国が本気になれば、現体制を崩壊させることは可能だろう。石油、食糧などを本気で一切止めれば、1年も持ちこたえられないはずだ。ただ、中国が「現体制崩壊やむなし」の腹をほんとうに固めれば、時間をかけた兵糧攻めの途は採らないと思う。その間に何十万、何百万の北朝鮮国民が逃亡を試みたり、死んだりするからだ。

だから、中国はやると決めれば一気呵成に軍隊を動かすと思う。2008年四川省汶川大地震のときに解放軍が見せた(救援)動員力には驚かされた。あれから十年近く経ち、解放軍の機動力はさらに磨きがかかっていることだろう。
 

中国は独りで「悪役」を買って出ない 

現体制を「斬首」するような軍事行動を余儀なくされることは、中国として最も避けたいところだろうが、いよいよ手を下さざるを得なくなったらどうするか。中国はそのときも安保理決議を経た国連軍、そこまでの時間的余裕が無ければ、米、韓、露などの有志国連合によるミニ国連軍のような「体裁」を整えることを求め、単独で手を下すことは拒むと思う。

そう言うと「逆だろう? 米国に手出しさせないように独りでやるのでは?」という疑問が湧くかもしれないが、私がそうは考えない理由を一言で言えば、「中国単独で軍事介入して体制を崩壊させるような真似をすれば、朝鮮半島から『また中国に侵略された』と記憶されて、後世の中朝関係に五百年、千年の祟りが及ぶ」ことを中国人は知っている、ということだ。

かつて中国が北朝鮮問題を解決するために、日本やロシアまで取り込んだ「6ヶ国協議」という手間のかかる枠組みを考案したのも、特定国の意向を離れた「国際社会の総意」を擬製したかったからではないのだろうか。

素人でも思いつく北朝鮮制圧の要点が2つある。1つは米中両国が中心となって、北朝鮮を南北から一気に挟撃すること、もう1つは同時に、食うや食わずの境遇に置かれた平壌以外の地域に大量の食糧・生活物資を投入することだ。「有事に大量の食糧・生活物資を送り込む準備を始めた」という噂を流すことだけでも、体制の動揺を誘う効果があるだろう。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

中国経済の将来像を読み解く5つの視点

津上俊哉(中国経済評論家)

国際社会は北朝鮮の核兵器開発を阻止できるか

武貞秀士

中国はトランプの「強いアメリカ」に完全に敗れる

日高義樹(ハドソン研究所首席研究員)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 政治 » 北朝鮮問題──中国の「レジーム・チェンジ」で在韓米軍が撤退する?