ホーム » スキルアップ » 試験に一発合格する人の勉強法はどこがちがうのか

試験に一発合格する人の勉強法はどこがちがうのか

2017年10月17日 公開

高島徹治 《資格コンサルタント》

記憶効率がいい「基礎知識40%」のルール

頻出する基礎事項を押さえれば受かる

もっと効率的に勉強する技術!ほとんどの試験では、合格ラインが60%前後に設定されています。そこで、「出題項目の6割は最低でも覚えなければならない」と多くの人が考えるでしょう。

しかし、この考えは効率的な勉強法からすると「ハズレ」なのです。 

60%の知識は必要とされません。それよりも、基礎的な部分を徹底的に勉強し、全体の40%程度の「確かな知識」を身につければ、どんな試験でも十分、合格が可能なのです。

そのカラクリを説明しましょう。

まず基礎的な部分については「確かな知識」で、がっちり40点を確保します。もちろん、学んだ部分のすべてが出題されるとは限りませんが、どんな試験も基礎分野が4割以上は出されます。したがって、最低でも40点は稼げるという計算です。

残りの60%の問題ですが、基礎知識が身についているのであれば、このすべてに不正解することはありません。

この60%の問題は、基礎知識をベースにした応用問題です。

ですから、必ず何分の1かの確率では、点数が稼げるのです。勉強の進行がはかどっている人ならば、少なくとも半分は正解するでしょう。60点分の問題で半分得点するとなると30点。先の40点と合計すると、なんと70点でゆうゆう合格となります。

たとえ3分の1しか正解できなくとも、60点の3分の1で20点。先の40点と合計すると、60点でぎりぎりクリアとなります。

このように、試験に受かるコツは、「確かな知識」でいかにして40%まで正解するかにかかってきます。頻出度の高い基礎的な事項を徹底的にマスターするほうが、幅広く勉強するよりもよほど効率がいいのです。
 

これで知識がみるみる定着する!

資格試験の受験を思い立って、初めてテキストを開いたとき、「こんな細かい知識まで覚えるのか。自分には無理だ」などと、尻込みしたことはありませんか。

しかし、第一印象で自信をなくしてしまっては、それだけで一歩後退。

「40%確かな知識で得点をゲットすればいいんだ。なんとかなる!」

このように楽観的に発想できる人のほうが、好結果を生み出します。

繰り返しますが、資格試験に限らず、どんな試験においても基礎知識がベースになります。こうした出題傾向がわかっていれば、直前期の復習においても、いたずらに手を広げるのでなく、基礎事項を固めることの大切さが理解できるはずです。

実際の試験は、実は「40%で合格」なのです。間違っても、枝葉の事項まで手をのばしてはいけません。ムダな知識が増えることで、逆に基礎知識までもがあやふやになってしまいます。

これでは本末転倒。「あえて知識を増やさない」覚悟も必要なのです。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

資格取得のプロが実践する「最短最速」スピード勉強法

高島徹治(資格コンサルタント)

東大首席・山口真由が教える「7回読み勉強法」とは?

山口真由

40代からでも取っておきたい「資格」

鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 試験に一発合格する人の勉強法はどこがちがうのか