TOP » 社会 » 死刑制度は絶対に必要 奪った生命を何で償うのか

死刑制度は絶対に必要 奪った生命を何で償うのか

《『Voice』2008年6月号より》

どんなにか悔しかっただろう

 私は、「死刑制度」は絶対に必要だと考える。

 生物にとって、人間にとって、命ほど重要なものはない。最高の価値である。100万円を盗んだら、それを償うためには100万円を返さなければいけない。人の生命を奪ったときは、何で償うのか。償いのしようがない。自分の生命を提供して償う以外に、方法がないではないか。私はそう思う。

 そういうと、「犯人を死刑にしたって、殺された被害者が生きて帰ってくるわけではない。だから、生きて償わせればよいではないか」という者もいる。どうやって償わせるのかと問えば、それは遺族に賠償することだという。

 一家の大黒柱を殺された遺族は、たちまち生活に困るから、損害賠償を請求し、賠償金を受け取る権利があることは当然である。しかし忘れてならないのは、賠償金を受け取ったのは遺族であって死者ではないことである。死者は何の償いも受けていないのだ。もし遺族が「1億円をもらったのだから許してやります」といったら、死者の命を1億円で売るというとんでもない話になる。

 死刑にしても、被害者は帰ってこない、そのとおりである。被害者を生還させる方法があるなら、それがもっともよく、加害者を死刑にする必要はないが、生きて帰らせることができないから、遺族は死刑を望むのだ。

 1997年、私の妻は殺害された。私は弁護士として、ある企業を恐喝した男に対して、違法な要求を断固拒否した。逆恨みした男は私を殺そうとして何回もわが家に来て私を狙ったが、私が不在のため妻を身代わりに刺殺したのである。

「亡くなった方は、お釈迦様がおいでになって、きれいな花が咲き、清い水が溢れ、鳥が美しく鳴いているような場所で静かにお過ごしですから安心してください」というような話をお坊さんはいうが、私には信じられない。

 妻は労働省のキャリアだったが、子どもが2人生まれたとき悩み抜いて仕事を辞めた。子ども、私の世話、両親の介護に明け暮れていた。62歳だった。あと何年かしたら、妻のしたいことをすべてさせ、罪滅ぼしをするからと話し合っていた矢先だった。

 夢を奪われた妻が、お釈迦様の前でのんびりしているとは到底思えない。どんなにか悔しかっただろうと思うし、この恨みを晴らしてやりたいと日々思っている。

 本来、「やられたら、やり返す」という応報感情は、種族保存の本能としてすべての生物がもっている。人間とて例外ではない。応報感情がない人間があるとすれば、氷のように冷たい、感受性のない人間ではないか。かわいそうな人の話を聞いて涙を流し、嬉しい話に自分も喜ぶ。人の痛みがわかり、悪を憎む。応報感情を否定すると、人間としての感情を否定することになる。

 自然状態においては、人間は、自然権として復讐権、応報権をもち、仇討ちは当然の権利であった。しかし個人が復讐すると復讐は復讐を呼び、平和が保てない。そこで国家をつくり復讐権、応報権を国家に譲渡し、個人の復讐を禁止した。こうしてできた国家の刑罰権は、被害者に代わって被害者のために行使するもので、被害者からの応報権の信託譲渡であった(社会契約説)。わが国の現行憲法も、社会契約説に立っている。

 国家が個人に代わって応報をするという約束を引き受けたのだ。極論するなら、国家が殺された家族の仇を討ってくれなくなったときは、被害者は信託契約を解除して仇討ちの権利を取り戻してもよいことになる。

 戦争中、治安維持法、特高警察などによって国民の人権は、極度に蹂躙された。戦後生まれた憲法は、この反省に立って、国家からの人権侵害を防ぐことをもっとも大きな柱とした。被疑者・被告人(加害者)の権利については10カ条も定めた。ところが国家から直接侵害される心配の少ない犯罪被害者の権利については書き落とした。ここから問題が始まる。弁護士、裁判官、検察官、学者も、被疑者・被告人(加害者)の権利を守ることだけに終始し、被害者の権利のことを考えなくなってしまった。その典型が、最高裁の平成2年の判決で、刑事裁判は「公の秩序維持のためにやるもので、被害者のためにやるのではない」と言い放つに至った。

 強姦された女性が恥ずかしい思いをしながらも被害を届けるのは、「強姦するような人間が出ないような社会にしてください」と申し出るためというのか。あまりに馬鹿げた考えだ。加害者を処罰してほしいとの一念で訴えているのがわからないのか。これでは、「裁判所が死刑にしないのなら、俺が殺す」という被害者が出ても不思議でない。司法が信託契約を忘れてしまったのだから。

 じつは私も、いわゆる「人権派弁護士」の1人だった。現行の法制度に馴れてしまい、被害者の苦しみ、権利に思いを致すことがなかった。妻を亡くして、初めて常識に立ち戻れたのだ。

「死刑は効果なし」は正しいか

 死刑廃止の理由付けとして、さまざまなことが論じられている。

 たとえば、罪を犯した人間が更生する機会を奪うとか、凶悪事件の死刑囚も、真人間に戻るのだから死刑にする必要はない、という議論がある。

 だが、真人間になれば罪は許されるのか。たとえば、「人を殺したけれども、明日から私はまじめになります」といったら、その人を許してよいのか。

 真人間になることは、あくまで「普通のこと」であって、それで罪が消えるということではないはずだ。むしろ、殺された人の苦しみを考えれば、どんな犯人でも真人間になって当たり前の話である。そして、どんなに犯人が真人間になろうとも、罪なくして殺された人は帰ってこないことを知らねばならない。

「被害者の命の重さをいうならば、加害者にも命の重さがある」という人がいる。たしかに命の価値は同じだが、加害者は人を殺した責任を背負っている。命の価値は同じでも、ここでは行為の責任が問われているのだ。

 二度と社会に出られない「終身刑」制度を導入すれば、死刑制度は要らないではないか、という意見もある。だが、社会に出さないのなら、更生させても意味がないということでもある。

「死刑」の場合には、「死をもって償う」という状況に直面して、受刑者があらためて命の意味を考えることもあるだろう。だが、終身、刑務所に入れ、食事を食べさせ、病気の治療をし、ただ命だけを永らえさせることに、どのような意味があるのだろうか。

 たとえば、無差別に大勢を殺害した加害者がいたとする。殺された被害者は帰ってこず、天寿を全うするのは加害者だけ。しかも加害者を養う費用は、被害者の払う相続税や、家族や子孫が支払う税金から出ていく。はたして、殺された者が殺した者を永久に援助していくという制度の正統性はどこにあるのだろうか。私はいまだに、説得力のある根拠を聞いたことがない。

 また、死刑廃止論者がよく主張することに、「死刑」には犯罪抑止の効果がない、という意見もある。本当にそういえるのだろうか。統計上は、死刑を廃止した国でも犯罪は激増していないかもしれない。だが、だからといって「死刑は効果なし」と短絡できるだろうか。

 そもそも死刑が廃止されるようなときは、社会がいちばん落ち着いているときである。犯罪が増えているようなときに死刑廃止はされないだろう。

 また、「死刑制度が廃止になったから殺人を犯そう」という人間がすぐ出るかといえば、そうはいかない。問題は、「人を殺す行為は、自らの命で償わねばいけないものだ」という教育が薄れる何十年後にどうなるか、である。

「人を殺すときは、死刑という制度があるかどうかということまで考えない」という人もいる。たしかに殺す瞬間にはそうかもしれない。だが、そこに至る段階では考えるはずだ。死刑制度があるから、自分は人を殺すことを考えなかった、または殺すことをやめた、という人もいるのではないか。しかし、その統計はとられていない。

 麻薬を持ち込んだだけで死刑になるシンガポールは、非常に治安がいい。常識的に考えれば、「死刑」ほど怖い刑罰はない。死刑に抑止力がないというのは、常識に反する自分勝手な理屈だとしか思えない。死刑は、人間にとってもっとも恐ろしいことだ。駐車違反すれば死刑にするという法律ができれば、駐車違反はなくなってしまうのではないだろうか。

死刑廃止国に倣う必要はない

 冤罪の問題もつねにいわれる。しかし、血刀をもって現行犯で逮捕され、自白している加害者まで、冤罪の恐れがあるから「死刑にしてはいけない」といえるのか。

 冤罪は、殺人罪にかぎらず、終身刑であれ、無期刑であれ、有期刑であれ、あってはならないことである。死刑囚だけに冤罪があるわけではない。その他は、あっても構わないというわけにはいかない。人間のする裁判だから冤罪の可能性も、まったくは否定できないだろう。

 冤罪をなくする最善の方法は、刑事裁判をやめてしまうことだ。殺人、強盗やり放題ということになる。しかしこれでは社会の秩序が保てない。冤罪の可能性があるから死刑制度をやめよう、というのはあまりにも消極的だ。「疑わしきは罰せず」の原則を貫き、冤罪が生まれないよう、積極的に努力をすることがもっとも重要なのだ。

 死刑廃止国が増えている、というのも、とりたてて説得力がある話ではない。なぜなら、法律とは各々の国の文化・風習に立脚すべきものだからだ。「汝の敵を愛せよ」というキリスト教国にはそれに根差した法律があればよく、イスラム教国にはイスラムの人たちが守る掟があればいい。因果応報の文化がある日本は、その文化によって刑罰を考えればよいのである。

 それにもう1ついいたいことがある。死刑廃止国では捜査段階の現場で、犯人射殺が行なわれている国が多いということだ。裁判を受ける以前に、嫌疑だけで処刑されているのだ。この段階で冤罪による射殺はないのか。わが国では、逮捕するにも拳銃が使用されることはきわめて希だ。公平な裁判を受け、有罪となったとき、初めて死刑となる。この違いを考えることが必要だ。

関連記事

http://shuchi.php.co.jp/

WEB特別企画

WEB連載

  • 和田彩花の「乙女の絵画案内」

    和田彩花の「乙女の絵画案内」

    和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

    人気アイドルグループ「スマイレージ」のリーダー、和田彩花が、大好きなアートについて思う存分語る、画期的な美術論。PHP新書から好評発売中!

  • 「虚構」は「現実」である

    「虚構」は「現実」である

    斎藤 環 (精神科医)

    フィクションとリアルの混同とは何か。サブカルチャーに精通する精神科医が、映画、漫画、小説などから読み解く現代世相。

  • 今だから話そう、大震災のあの時あの現場

    今だから話そう、大震災のあの時あの現場

    熊谷 哲( PHP総研 主席研究員)

    東日本大震災当時、内閣府から派遣された熊谷哲(現・PHP総研)が経験した事実をそのまま明かす「あの時あの現場」。

松下幸之助の今日の一言

松下幸之助の今日の一言

App Store
PHP研究所 mixiページ

ページトップ

TOP » 社会 » 死刑制度は絶対に必要 奪った生命を何で償うのか