ホーム » 書評

書評

2014年11月19日

  1990年前後から、ノモンハン戦史に関する旧ソ連軍側の第一次資料が利用できるようになったことから、在来のノモンハン戦像が大きく揺らいだ。著者が本書を執筆しようと考えたのも、この動きが...

2014年05月23日

《『歴史街道』2014年6月号より》 <プロフィール> 竹村公太郎 (たけむら・こうたろう) リバーフロント研究所研究参与 1945年生まれ。横浜市出身。1970年、東北大...

2014年04月17日

外交的利益を高める『パブリック・ディプロマシー戦略』

金子将史(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

外交的利益を高める『パブリック・ディプロマシー戦略』

金子将史(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

《政策シンクタンク PHP総研 研究員コラムより》  歴史認識や領土問題にまつわる中国、韓国の宣伝攻勢を受けて、わが国でも対外発信強化の必要が叫ばれるようになっているのは自然な流れである。...

2013年12月31日

《 『文蔵』2012.3Vol.89  より》     『桜ほうさら』は、いちご大福のように、甘酸っぱい小説です。  今回上梓する『桜ほうさら』の舞台は江戸深川。主人公は、御...

2013年11月13日

話題集中!「ビジネス小説」~土井英司が選ぶ “いまおすすめの10作”

土井英司(エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役)

話題集中!「ビジネス小説」~土井英司が選ぶ “いまおすすめの10作”

土井英司(エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役)

《 『THE21』2013年11月号 より》 ビジネスマンを主人公として、企業や組織、あるいは経済を描く小説は、城山三郎作品をはじめとして、長く愛されてきたジャンルだ。しかし、ここにきて、さらなる盛...

2013年07月05日

《『THE21』2013年7月号より》   「歴史を学ぶ」となると、その範囲は広大で、歴史的事実と言われるものの多面性や曖昧さに戸惑うことも多い。過去の歴史を正しく読み取り、知恵へと昇華...

2013年06月03日

 ―― 今まで景気が一向に良くならなかったのは、日本銀行が大胆にマネーを増やすことをためらってきたからだ。日本経済のデフレや円高の責任はすべて日本銀行にある。安倍首相が、本気で圧力をかけてく...

2012年10月19日

ビジネスマン必読の書!『ハッカーの手口』

岡嶋裕史(関東学院大学准教授):著

ビジネスマン必読の書!『ハッカーの手口』

岡嶋裕史(関東学院大学准教授):著

電子メール、フェイスブック、ツイッタ−、スマートフォン …… コミュニケーション革命の裏側で、個人情報のダダ洩れが始まっている。 覗かれ、お金が引き出されるだけではすまない。会社や...

2012年09月20日

これからお金とどうつきあいますか?  この本 『あなたのお金はどこに消えた?』 は、私の作家デビュー10周年の節目にあわせて書きました。物語の構想は10年以上前からあたためていましたが、世...

iyashi

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 書評