ホーム » WEB連載

WEB連載

2014年01月24日

  ジョルジュ・スーラ(1859-1891) 新印象派の創始者。印象派で用いられた技法「筆触分割」に、光彩理論や視覚理論を取り入れることで、点描に発展させた。1859年、パリに生...

2014年01月21日

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第10回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第10回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

【第10回】あんたは何を言ってるんだ     現地派遣の障害のひとつは宿泊先や食事の確保だが、私は両親のところに身を寄せられる分、気楽なところがあった。水道は、ちょうど私の行く...

2014年01月14日

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第9回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第9回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

【第9回】泣いている暇はない    29日の早朝、盛岡駅から大船渡へ向かう臨時バスに乗り込んだ。乗車前に市内の様子を見て回り、駅前に並ぶタクシーの運転手さんに話を聞いた限りでは、県...

2014年01月10日

  エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン(1755-1842) 18世紀で有名な 数少ない 女性画家の1人。1755年、パリにて画家の父、ルイ・ヴィジェのもとに生まれる。父を...

2014年01月06日

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第8回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第8回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

 【第8回】 ようやくの発令、そして岩手へ     内示をもらったのは25日の夕方になっていた。あわせて、週明けにも現地に入れるよう、自ら準備を進めて欲しいとも伝えられる...

2013年12月24日

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第7回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第7回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

 【第7回】もう市長には連絡してあるから     人事課からの電話は23日だった。官邸の意向を受けて、被災地派遣の手続きを進めるための簡単な意志確認。私で役に立つことがあ...

2013年12月20日

【連載:和田彩花の「乙女の絵画案内」】 第7回/アングル『泉』

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

【連載:和田彩花の「乙女の絵画案内」】 第7回/アングル『泉』

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

  ドミニク・アングル(1780-1867) フランス新古典主義の画家。歴史画や神話画、宗教画、裸婦像、肖像画、風景画など、さまざまな画題を手がける。1780年、フランスの南部都市...

2013年12月16日

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第6回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第6回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

 【第6回】 君、現地に 行ってくれるか    京都に戻った週末をはさんで、私のところには被災地派遣に向けた非公式の打診と、「今は我慢」と自重を促すメッセージの両方が舞い込...

2013年12月09日

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第5回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

今だから話そう、大震災のあの時あの現場―【第5回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

【第5回】やっぱり現地に行かせてもらおう     弟は保育園に長男を迎えに行き、すんでの所で津波を逃れられたとのこと。義妹は仕事先で津波に遭い、夜を徹して道なき道を歩いて帰...

2013年12月06日

レンブラント『夜警』【和田彩花の「乙女の絵画案内」】

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

レンブラント『夜警』【和田彩花の「乙女の絵画案内」】

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

  レンブラント・ファン・レイン(1606-1669) 17世紀オランダを代表する画家。明暗をはっきりと対比させた表現を得意とし、「光と影の画家」とも形容される。1606年、独立直前のオ...

2013年12月02日

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場- 【第4回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場- 【第4回】

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

 【第4 回】 みんな無事だから、大丈夫だから     一睡もできないまま迎えた朝。大船渡から生中継が入るとのアナウンサーの声に、私はすがるような思いで画面を見つめた。知...

2013年11月26日

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場-第3回

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場-第3回

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

【第3回】現地に向かうヘリに僕を乗せて欲しい    「家族と連絡はとれているのか」 こういう時に安否を気遣ってくれるのはありがたいが、官邸の緊急災害対策本部はそれどころ...

2013年11月22日

薬師寺『麻布著色吉祥天像』【和田彩花の「乙女の絵画案内」】

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

薬師寺『麻布著色吉祥天像』【和田彩花の「乙女の絵画案内」】

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

  麻布著色吉祥天像 (作者不詳)  奈良県の薬師寺所蔵。奈良時代、「吉祥悔過」という、吉祥天像の前で犯した罪を懺悔し、五穀豊穣を祈願する法会が盛んに行われた。薬師寺では光...

2013年11月18日

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場-第2回

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場-第2回

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

【第2回】この惨状は、覚悟しなくてはいけないのか     釜石、気仙沼、小名浜、そして仙台。次々と中継される津波の映像に、私は涙をこらえきれなかった。釜石の魚 市場の真裏には...

2013年11月11日

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場-第1回

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

〔連載〕今だから話そう、大震災のあの時あの現場-第1回

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 主席研究員)

東日本大震災当時、内閣府から派遣された熊谷哲(現・PHP総研主席研究員)が経験した事実をそのまま明かす「あの時あの現場」。

2013年11月08日

【連載:和田彩花の「乙女の絵画案内」】 第4回/ルノワール『陽光の中の裸婦』

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

【連載:和田彩花の「乙女の絵画案内」】 第4回/ルノワール『陽光の中の裸婦』

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

ピエール=オーギュスト・ルノワール (1841-1919) 印象派において人気の高い巨匠の一人。1841年、フランスのリモージュで生まれる。13歳のときに陶器の絵付け職人となるが、産業革命に...

2013年10月25日

【連載:和田彩花の「乙女の絵画案内」】 第3回/モネ『舟遊び』

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

【連載:和田彩花の「乙女の絵画案内」】 第3回/モネ『舟遊び』

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

クロード・モネ(1840-1926) 印象派を代表する巨匠の一人。自然における光の美しさに強く惹かれ、その探求と表現に生涯を捧げた。1840年にパリで生まれ、ノルマンディー地方にあるセーヌ...

2013年10月11日

マネ『鉄道』【和田彩花の「乙女の絵画案内」】

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

マネ『鉄道』【和田彩花の「乙女の絵画案内」】

和田彩花(アイドルグループ「スマイレージ」リーダー)

  エドゥアール・マネ(1832-1883) 1882年にフランスのパリで生まれる。裕福な家庭で育ち、当時のサロンで活躍していた画家トマ・クチュールに師事する。1863年のサロンに出品され...

iyashi

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » WEB連載