ホーム » 政治

政治

2013年08月30日

デトロイト市が財政破綻 ――遅きに失した人口減少、財政悪化への対策

佐々木陽一(政策シンクタンクPHP総研 地域経営研究センター主任研究員)

デトロイト市が財政破綻 ――遅きに失した人口減少、財政悪化への対策

佐々木陽一(政策シンクタンクPHP総研 地域経営研究センター主任研究員)

《PHP総研研究員ブログ2013年8月30日掲載分より》    自動車の街として世界的に有名な米国ミシガン州デトロイト市が、先月、総額1兆8,000億円超の負債を抱えて、事実上、財政破綻した。...

2013年08月27日

進む米中安保対話と日本

前田宏子(政策シンクタンクPHP総研 国際戦略研究センター主任研究員)

進む米中安保対話と日本

前田宏子(政策シンクタンクPHP総研 国際戦略研究センター主任研究員)

《PHP総研研究員ブログ2013年8月27日掲載分より》  8月19日、ワシントンでヘーゲル米国防長官と中国の常万全国防相の会談が実施された。会談後の記者発表では、米中安保協力を進展させていくことの...

2013年08月13日

教育再生の本気度は来年度予算で試される

亀田 徹(政策シンクタンクPHP総研 教育マネジメント研究センター主席研究員)

教育再生の本気度は来年度予算で試される

亀田 徹(政策シンクタンクPHP総研 教育マネジメント研究センター主席研究員)

《PHP総研研究員ブログ 2013年8月12日掲載分より》  参院選で自民党が勝利したことを受け、安倍総理は会見で「国民の負託に応え、政策実行をさらに加速させていかなければなりません」と述べた。...

2013年08月05日

政治を「自分ごと」とする難しさとNew Publicへの期待

永久寿夫(政策シンクタンク PHP総研 研究主幹)

政治を「自分ごと」とする難しさとNew Publicへの期待

永久寿夫(政策シンクタンク PHP総研 研究主幹)

《PHP総研研究員ブログ 2013年8月2日掲載分より》    先の参院選の投票率は52・61%と、前回の参院選を5ポイント以上も下回る戦後3番目の低さだった。野党が協力体制をとれな...

2013年07月18日

アメリカは変えにくい憲法を日本に与えた

日高義樹 (ハドソン研究所主席研究員)

アメリカは変えにくい憲法を日本に与えた

日高義樹 (ハドソン研究所主席研究員)

『 アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相 』より  日本を占領したGHQ(連合国軍総司令部)でマッカーサー司令官の副官を務めるとともに、ガバメント・セクションの部長だったビクタ...

2013年07月09日

再生可能エネルギー政策に求められる対策

佐々木陽一(政策シンクタンクPHP総研 地域経営研究センター主任研究員)

再生可能エネルギー政策に求められる対策

佐々木陽一(政策シンクタンクPHP総研 地域経営研究センター主任研究員)

《PHP総研研究員ブログ2013年7月9日掲載分より》  太陽光発電はバブル的な活況なのに対して、風力、地熱、小水力など他の再生可能エネルギー(再エネ)発電は蚊帳の外――。これが昨年7月にスター...

2013年07月01日

「インド太平洋」の時代は到来するか

金子将史(政策シンクタンク PHP総研 国際戦略研究センター主席研究員)

「インド太平洋」の時代は到来するか

金子将史(政策シンクタンク PHP総研 国際戦略研究センター主席研究員)

《PHP総研研究員ブログ2013年6月27日掲載分より》    ある国が自国をどのような地域の中に位置づけるかは、すぐれて政治的な行為である。そして、それがどの程度自然なものと感じられ...

2013年06月17日

なぜ香港?中国人も不思議に思うスノーデンの逃亡先

前田宏子(政策シンクタンクPHP総研 主任研究員)

なぜ香港?中国人も不思議に思うスノーデンの逃亡先

前田宏子(政策シンクタンクPHP総研 主任研究員)

 米国家安全保障局(NSA)が行っていた大規模な個人情報収集について、元職員のエドワード・スノーデンが告発し、国外へ逃亡した事件が注目を集めている。小欄ではアメリカ政府やスノーデンの行動の是非は置...

2013年06月14日

国政を占う都議選の争点はこれだ!

熊谷哲 (政策シンクタンクPHP総研 主席研究員)

国政を占う都議選の争点はこれだ!

熊谷哲 (政策シンクタンクPHP総研 主席研究員)

《政策シンクタンクPHP総研  研究員コラム(6月5日)より》 盛り上がりに欠?ける都議選  急ぎ足の通勤者めがけて早朝から配られるビラ。穏やかな週末に響き渡るマイクの声。安倍総...

2013年05月30日

《『 「強い日本」を取り戻すためにいま必要なこと 』まえがきより》  アベノミクスに関心が集まっている。今後、デフレからインフレへの転換が起こると、そうした経済の変化に加えて民意の大変化も...

2013年05月20日

行政事業レビュー成功の鍵は外部の視点にあり

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 政治経済研究センター 主席研究員)

行政事業レビュー成功の鍵は外部の視点にあり

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 政治経済研究センター 主席研究員)

国の全事業を総点検するのが行政事業レビュー  「現在の官僚は頭脳的に優秀であり、立案過程には努力を惜しまないが、その業務の成果を認識し、反省しようとしない。これは会社経営の成果のごとき判...

2013年05月17日

「コンセッション」「空中権」は、インフラ再生の妙手にはならない

佐々木陽一 (政策シンクタンク PHP総研 地域経営研究センター 主任研究員)

「コンセッション」「空中権」は、インフラ再生の妙手にはならない

佐々木陽一 (政策シンクタンク PHP総研 地域経営研究センター 主任研究員)

 政府の経済財政諮問会議は5月7日、老朽化するインフラに対し、PFI (Private finance Initiative:民間の資金やノウハウを活用した社会インフラ整備)事業の利用拡大を図る方針を打ち出した。そのた...

2013年05月15日

尖閣は「核心的利益」?  ワード・ゲームに惑わされないために

前田弘子(政策シンクタンクPHP総研 主任研究員)

尖閣は「核心的利益」?  ワード・ゲームに惑わされないために

前田弘子(政策シンクタンクPHP総研 主任研究員)

 4月末、中国外交部(外務省)の報道官が記者会見において「釣魚(尖閣)は中国の領土主権にかかわる問題であり、核心的利益である」と述べたことから、中国政府が公式に尖閣を「核心的利益」と認めたとし...

2013年05月02日

待機児童ゼロを導く規制改革とは何か

熊谷 哲(政策シンクタンクPHP総研 政治経済研究センター 主席研究員)

待機児童ゼロを導く規制改革とは何か

熊谷 哲(政策シンクタンクPHP総研 政治経済研究センター 主席研究員)

公費に頼りすぎない受け皿拡大が不可欠だが  待機児童ゼロ作戦の開始から12年。保育所の定員は当時の194万人から30万人以上増えたが、利用者はそれ以上に増加し、待機児童数は高止まりしている。こ...

2013年04月11日

求められる抑止政策の再構築

金子将史(政策シンクタンクPHP総研 主席研究員)

求められる抑止政策の再構築

金子将史(政策シンクタンクPHP総研 主席研究員)

 他国が侵略してきたときにそれを撃退する能力を備える事は国防政策の基本といえるが、実際に武力衝突が発生したときのコストは甚大である。したがって、そもそも侵略させないようにすることが肝心になる。...

2013年03月29日

規制改革の三本の矢 ― 民主党政権の轍を踏まぬように ―

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 政治経済研究センター 主席研究員)

規制改革の三本の矢 ― 民主党政権の轍を踏まぬように ―

熊谷 哲(政策シンクタンク PHP総研 政治経済研究センター 主席研究員)

 2013年1月24日の第一回規制改革会議において、安倍総理は「規制改革は、安倍内閣の一丁目一番地であります。成長戦略の一丁目一番地でもあります」と冒頭挨拶し、規制改革によって経済の成長を図り雇用を...

iyashi

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

iyashi
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 政治