ホーム » PHPマネジメント衆知 » 編集部ブログ » 笑顔の効用~ベルリーナ化粧品・中島美貴子社長

笑顔の効用~ベルリーナ化粧品・中島美貴子社長

2016年04月20日 公開

櫛原吉男(マネジメント誌「衆知」編集主幹)

 

昨日も美人、今日も美人、明日も美人

美魔女ブームである。私の身近にも一人いる。

もう20年以上前からの知り合いである。出逢った頃からみれば、私は随分、老けた。勿論、頭髪も薄くなった。しかし、ベルリーナ化粧品・中島美貴子社長は、全然、変わらない。むしろ、時間を経て、若くなっているのではないかと錯覚してしまうほどだ。初めは、化粧品会社の社長だからと、たかをくくっていた。あるとき、雑誌の企画で、20代の頃の写真を見せてもらった。

驚くことに、その頃より若いのである。そんなバカなと思うかもしれないが、事実であった。

―これは、化粧だけではないー

よく考えてみたら、秘密は「笑顔」だった。とにかく、よく笑う。だから、思い出すと笑った顔しか、思い浮かばない。

若い頃、化粧品による副作用で黒皮病になった。それを見て、ご主人が「妻にも安心して使える化粧品を開発しよう」と脱サラして、化粧品会社を起業した。

―すばらしい夫婦愛―

しかし、つくったはいいが、まったく売れない。そこで、貴女が化粧品をもって一軒一軒訪問販売を始めた。しかし、無名のメーカーの化粧品が売れるはずはなかった。

何件訪問しても、断られ続けた。

ある日、雨が降った。「今日は、やめようかしら」と思ったという。しかし、思い直して家を出た。

所謂、軒並み訪問。選んでいると自然と足が動かなくなる。だから、一軒もらさず訪問した。はやり、軒並み断られた。次の通りを回っているときだった。

勝手口で顔を出した主婦が、驚いたように声を上げた。

「あなた、また来たの」

つまり、さっきは正面玄関で断られ、知らずに次ぎの通りの勝手口に訪れていたのである。

「また、ダメか。私はダメね」と内心そう思ったという。しかし、次の言葉は意外なものだった。

「雨も降っているから、家の中で話を聞きましょう」

そして、化粧品を買ってもらった。

そのお客様は、以来、何十年も買い続けてくれているという。

今になっては、確かに笑い話である。しかし、貴女の笑顔のしたには、どれだけの涙を流した跡があるのだろう。いろんなことがあったでしょう。人に言えないこと、苦しいこと、悔しいこと、悲しいこと……でも、みんな笑顔が隠してしまう。

「昨日も美人、今日も美人、明日も美人の中島さんとみんなから言われるの」と笑っている貴女。

もしかしたら、貴女は永遠に歳を取らないかもしれない。

その笑顔を忘れない限り。

経営・マネジメント誌「衆知」

2017年5-6月号 特集:道をひらく

2017年5-6月号 特集:道をひらく

発売日:2017年04月27日
価格(税込):1,080円

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

穢土の聖者~日本を美しくする会・鍵山秀三郎相談役

櫛原吉男(マネジメント誌「衆知」編集主幹)

経営の達人は居合いの達人だった…セブン&アイホールディングス・伊藤雅俊名誉会長

櫛原吉男(マネジメント誌「衆知」編集主幹)

思い切なれば必ず遂ぐるなり~野呂田芳成先生

櫛原吉男(マネジメント誌「衆知」編集主幹)


アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
iyashi
×

構想力、実現力、人材育成力、人間力……。松下幸之助の哲学を学びつつ、現代に活躍する一流執筆陣の
実体験に裏付けられたメッセージから成功原則を読み解く経営・マネジメント誌