ホーム » PHPマネジメント衆知 » 経営力・人間力 » 岩田松雄・元スターバックスCEOが、社員に送り続けたメッセージ

岩田松雄・元スターバックスCEOが、社員に送り続けたメッセージ

2017年10月05日 公開

松下幸之助経営塾講義録

※一流の講師陣による講義も「松下幸之助経営塾」の魅力の一つ。ここでは、卒塾生が定期的に集まって“志”を確認し合う「同志会」での講義の内容を抄録します。
(2013年4月27日収録・構成:荒木さと子)

岩田松雄

岩田松雄(いわた・まつお)
1958年生まれ。1982年大阪大学経済学部を卒業後、日産自動車に入社し、製造、営業、財務などを経験。在職中にアメリカのUCLAに留学。1995年外資系コンサルティング会社に転じ、シニアコンサルタント。1996年日本コカ・コーラに入社し、1999年コカ・コーラビバレッジサービス常務執行役員。2000年アトラスに入社し、社長に就任すると、3期連続赤字から再生。2003年タカラ常務取締役。2005年イオンフォレスト社長に就任し、4年間で売上を倍増。2009年スターバックスコーヒージャパンCEO(最高経営責任者)。2011年に退社し、株式会社リーダーシップコンサルティングを設立。

 

ミッション経営と社員に送り続けたメッセージ

合計8年間の社長時代にやり続けたことが、一つあります。それは、社員にマネジメントレターを送り続けたことです。ほぼ毎週、私から社員に向けて、メッセージを発信し続けました。特に、ザ・ボディショップとスターバックスには店舗があり、お店のスタッフは自分が離れ小島にぽつんと取り残されたような気持ちになるのではないかと考えたからです。社長が何を考えているのか、会社がどの方向に向かっているのか、自分たちはどこに立っているのかを知りたいだろうと思って送り続けました。

ザ・ボディショップでは毎週3000字、スターバックスでは月に2回1800字を、月曜日の朝礼後に全店舗に送りました。3000字のメッセージを書こうと思うと4~5時間かかるので、とても大きな負担でした。もうやめようと何度も思いましたが、店に行くとバックルームに貼って、皆とても楽しみにしてくれていました。だから続けることができました。

スターバックス時代、西日本が台風の被害にあった時には、こんなメッセージを出しました。「もし災害で困った人がいたら助けてほしい。水が必要な人がいたらペットボトルを差し出してほしい。スターバックスの社員である前に、人間として正しい判断をしてほしい。必ず私はその判断を支持するから」。これはスターバックスのミッションを私なりの言葉で伝えたものです。

実はこのメッセージを読んでいてくれたアルバイトのパートナーが、とても素晴らしい接客をしてくれました。ある主婦の方から私宛にハガキが届いたのです。その主婦の方は車を運転していて、たまたまスターバックスの店舗前で交通事故を起こし、気が動転していたそうです。それを窓越しに見ていたパートナーがコーヒーを一杯持っていき、「どうぞこれを飲んで気持ちを落ち着かせてください」と言って差し出したと。主婦の方は大変感激してお礼状をくださったのです。このような対応は、マニュアルに書きようがありません。普段からミッションを理解していたからこそできたことです。

経営・マネジメント誌「衆知」

特集 スピードで勝機をつかむ

特集 スピードで勝機をつかむ

発売日:2017年08月27日
価格(税込):1,080円

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

新将命 顧客が先か、社員が先か

松下幸之助経営塾講義録

経営者ならば孫子に学び、兵法家であれ~越智直正(タビオ株式会社会長)

松下幸之助経営塾講義録

松下幸之助から学んだ経営者の条件~佐久間曻二(元・松下電器産業副社長)

松下幸之助経営塾講義再録

経営者こそ、経営者に学ぼう~自分の志をたしかめる10カ月の松下幸之助体験

<PR>PHP研究所 松下幸之助経営塾


アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
iyashi
×

構想力、実現力、人材育成力、人間力……。松下幸之助の哲学を学びつつ、現代に活躍する一流執筆陣の
実体験に裏付けられたメッセージから成功原則を読み解く経営・マネジメント誌