ホーム » 歴史街道 » 地域の魅力 » 夏目漱石が講演した和歌山県議会議事堂が、この春一般公開

夏目漱石が講演した和歌山県議会議事堂が、この春一般公開

2016年03月17日 公開

歴史街道編集部

 

夏目漱石の代表的な講演が行なわれた場所

 

「一言にして云えば現代日本の開化は皮相上滑りの開化であると云う事に帰着するのである」。文豪・夏目漱石が明治44年(1911)8月に和歌山で行なった講演「現代日本の開化」の一節です。

この講演は「日本近代思想史の記念碑」とも称され、漱石の思想を最もよく語る重要なものと評価されています。

「戦争以後一等国になったんだという高慢な声は随所に聞くようである。なかなか気楽な見方をすればできるものだと思います。ではどうしてこの急場を切り抜けるかと質問されても、前申した通り私には名案も何もない。ただできるだけ神経衰弱に罹〈かか〉らない程度において、内発的に変化して行くが好かろうというような体裁の好いことを言うよりほかに仕方がない」。

明治を代表する知識人が、明治日本と日本人をどう見ていたのか、今接しても非常に興味深く、考えさせられる内容といえるでしょう。

講演会場となったのは、旧和歌山県議会議事堂。和歌山市一番丁に建っていた、和風意匠の大きな木造建築でした。

そして、実はこの議事堂、今も目にすることができます。明治時代に各県で建てられた県議会議事堂のほとんどが失われている中、旧和歌山県議会議事堂は、現存する和風の木造議事堂では最も古い貴重なものとして、平成17年(2005)に和歌山県有形文化財に指定されました。

さらに今年、平成28年(2016)の春、同議事堂は当時の姿に復原整備され、新たな文化観光施設として、一般公開されます。同議事堂の歴史的背景と見所などを紹介してみましょう。

濱口梧陵初代議長で始まった和歌山県議会と議事堂の建設 >

iyashi

関連記事

編集部のおすすめ

真田信繁―家康の私欲に真田の兵法で挑む!陽性で懐の深い智将の魅力

童門冬二(作家)

「歴史街道」1月号●エルトゥールル号、杉原千畝…命の秘話

歴史街道編集部

エルトゥールルの奇跡~国を越えて、人々の命を救うとは?

門田隆将(ノンフィクション作家)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
iyashi

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。