ホーム » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 吉田兼見~明智光秀が風呂を借りた親友

吉田兼見~明智光秀が風呂を借りた親友

2017年10月19日 公開

歴史街道編集部

吉田神社
京都・吉田神社
 

『兼見卿記』にみる明智光秀と吉田兼見の交流

明智光秀には、友人に対して面倒見のいいところがある。元亀3年(1572)に織田信長が上洛した際、親交が深かった吉田兼見に、その情報をいち早く伝えてあげているのだ。

おかげで兼見は、京都で信長をしっかりと出迎えることができた。兼見の父・兼右は、信長と面会し、金子一枚を直接もらってもいる。

吉田家は、吉田神道の総本山・吉田神社の神官で、公家の一員である。とはいえ、公家社会の中では成り上がり者だったので、織田政権との関係作りができたことは、ありがたかったに違いない。

兼見の日記『兼見卿記』には、しばしば光秀のことが書かれており、兼見と光秀の深い交流が窺える。

『兼見卿記』は元亀元年(1570)6月から始まり、光秀の初登場は同年11月13日である。その時、光秀は「石風呂」を所望したという。今で言う、サウナである。サウナを借りるくらいだから、この時点で、既にかなり親しかったはずだ。その10日後にも、再び石風呂に入りに来ている。

ちなみに、妙心寺(京都市)には、「明智風呂」と呼ばれる、サウナのような浴室があるが、光秀が入ったものではなく、僧の密宗が、光秀の菩提を弔うために建てたと伝えられている。密宗は光秀の叔父だという。

天正10年(1582)6月2日の本能寺の変の後、兼見は誠仁親王に、光秀への使者を命じられる。公家の中で、最も光秀と親しかったのだろう。

6月7日に安土城に入った兼見は、光秀と「今度の謀反の存分」を話し合ったと、『兼見卿記』に書かれている。しかし、残念なことに、その内容は記されていない。

6月13日に、山崎で光秀が敗れると、兼見は光秀との交友関係を隠そうとしたらしい。日記を書くのを6月12日で止めた上に、天正10年分を正月から書き直しているのだ。

戦国の世の習いだろうが、友情の哀しき結末のようにも感じられる。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

細川ガラシャの辞世~ちりぬべき時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ

歴史街道編集部

本能寺の変から10日間、明智光秀の足取りから見えるもの

歴史街道編集部

斎藤利三がキーマン?~本能寺の変について考えてみた

歴史街道編集部


アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。