ホーム » THE21 » インタビュー » 格差社会を生きる「貧乏クジ世代」の働き方

格差社会を生きる「貧乏クジ世代」の働き方

2016年04月08日 公開

常見陽平(千葉商科大学専任講師)

40代はもっと認められていい!

バブル崩壊、就職氷河期を経てきたのが今の30代後半から40代のいわゆる「ロスジェネ世代」だ。おいしい思いをしてきたバブル世代と、仕事よりプライベートを優先するゆとり世代に囲まれながら「俺たちは貧乏くじを引いてきた」とついつい愚痴をこぼしがちなこの世代に、キャリアのプロでまさに同世代でもある常見陽平氏が熱いメッセージを送る!

 

気がつけば自分たちが社会を動かす年代に

 私は今年で42歳。自戒を込めて言うと、我々世代はもっと大人にならなくてはいけないと思います。

 高校時代まで、私たちは未来が明るいものだと思い込んでいました。ガンダム、ファミコン、ラジコン、おニャン子クラブなど、心ときめかせてくれるものが次々と出てきました。

 また、私たち世代は「努力すれば酬われる」という価値観の中で育ってきたという特徴があります。頑張った分だけ他者から承認してもらえる時代だったのです。だから激しい受験戦争も、乗り越えることができた。1学年で200万人(今の18歳人口は約120万人)もいましたから、当時、名のある大学に合格するのは、大変なことでした。

 ところが大学に入ってみると、気づけば就職氷河期。社会に出てからは、デフレが長引き、給料は上がらず、真っ当に持ち家を購入して子供を育てるのさえ大変な時代です。

 努力したわりに、現実は酬われない。にもかかわらず、私たちはいまだ、「努力した分だけ他者の承認を得られる」という価値観から抜け出せずにいます。

 それはもちろん、私たちの労働観にも影響を及ぼしています。会社組織に承認されるために、ムリをしてしまうのます。

 結果、おいしい思いをたくさんしてきた一世代前のバブル世代や、初めから無理をしない働き方を志向するゆとり世代に、ルサンチマンを抱えがちです。

 けれども、そろそろ恨み妬みからは、卒業したほうがいい。私たちはもう、世代間格差に不満だけ言えばいい世代ではなく、社会を動かす立場なのです。

ロスジェネ世代これからの働き方 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

常見陽平(つねみ・ようへい)

千葉商科大学専任講師

1974年生まれ。一橋大学商学部卒業。同大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)。㈱リクルート、㈱バンダイ、㈱クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て、2015 年より現職。働き方をテーマに執筆・講演などを行なう。『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社新書)など、著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

40代でターニングポイントを迎えた名経営者たち

THE21編集部

「フリマアプリ」は世界のインフラになる

山田進太郎(メルカリ社長)

40代ブレイクの秘訣は「自分を客観視すること」

大久保佳代子(タレント)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。