ホーム » THE21 » インタビュー » 「若者の営業力」は本当に弱くなったのか? 

「若者の営業力」は本当に弱くなったのか? 

2016年08月02日 公開

北澤孝太郎×石川明×常見陽平

「今どきの営業」の論点

7月中旬、東京・下北沢の書店『B&B』にて、ベストセラー『営業部はバカなのか』の著者・北澤孝太郎氏の最新作『人材が育つ営業現場の共通点』の刊行記念トークショーが行なわれた。登壇者は、営業のプロフェッショナル・北澤氏、働き方評論家の常見陽平氏、新規事業インキュベータの石川明氏の3名。それぞれが考える「人材が育つ営業現場」について語り合った。

 

今、営業力が強い会社は、何をしているのか?

いつの時代も、生き残るのは営業力が強い会社だ。営業力とは、その会社の持つ「稼ぐ力」と言い換えても過言ではないからだ。では、「日本で、今、営業力の強い会社」と言えばどこを思い浮かべるだろうか。常見氏の問いかけからディスカッションは始まった。

石川氏 僕は日東電工さんを挙げたいと思います。もともと粘着テープの会社ですが、現在では液晶パネルに使われる偏光板やスマートフォンの部品などにも市場を広げ、連結売上高8,000億円程の大企業になっています。特徴は、顧客密着のソリューション営業。「買ってくださいと」プッシュするのではなく、顧客の課題を見つけ、その解決策を考え出して提案する営業スタイルです。じーっと現場を観察し、顧客の「不」の部分を見つけて、仮説を立てるのです。

常見氏 自社商品に結びつけた解決策を提案するソリューション営業の大切さは20年くらい前から声高に叫ばれていますね。僕が玩具業界で働いていたときも「モノからコトへ」という流れがあり、商品・サービスにもその要素が求められていました。営業も、いかにその玩具流通に儲けてもらうかということを意識して提案していました。売り場づくりや、イベントまで含めて提案するのですよね。

北澤氏 顧客が気づいていない課題という潜在的なニーズに対して、複数の解決策を提案するとなると、相当な営業の技量が必要ですよね。

石川氏 日東電工さんのスゴイところは、それができること。そして、ある課題の解決策が他の業界の課題の解決にも応用できるのではないかと勘を働かせられるのもスゴイ。応用できれば、顧客が2倍にも3倍にもなるわけです。

常見氏 市場を創造する力を含めて「営業力」ですよね。僕が挙げたいのは野村證券です。野村證券には「100件10億」という目標があるのです。新人に「新規獲得100件、取扱高10億円」というノルマが課せられる。それを達成した暁には、さらに高い数字が降ってくる(笑)。まさに「仕事の報酬は仕事」というわけです。そんなストロングスタイルの営業がまだ残っているんだな、と感動しました。北澤さんはどうですか?

北澤氏 私は、ここ10年で営業の仕方が変わってきていると感じていまます。ぜひ、新しいベンチャー企業の営業スタイルに注目していただきたいですね。営業ノウハウをシステム化した科学的なアプローチは、実に革新的です。たとえば、セールスフォースやSansanなどの新しい営業ツールを駆使した営業スタイルには目を見張るものがあります。

石川氏 確かに、システム化すれば、ある程度の水準までは誰でも成果を出しやすくなりますよね。しかし、その上に工夫をしなければ、それ以上は売れない。

北澤氏 実は、そこができるようになって来ているんです。システム化によって、詳細なデータを見ながら営業ノウハウを改善する力がついて来ています。今まで、苦労して経験することで体得した営業ノウハウが、思考する若者に簡単に負ける時代になって来たのです。これは驚異ですよ。

常見氏 むやみに若手の営業スタイルを批判するのも考え物なのですね。

若手営業マンの成長機会を奪っているのは「エース社員」!? >

iyashi

著者紹介

北澤孝太郎(きたざわ・こうたろう)

レジェンダ・コーポレーション〔株〕取締役

1962年、京都市生まれ。85年、神戸大学経営学部卒業後、〔株〕リクルートに入社。20年にわたり、営業の最前線で活躍。2005年日本テレコム(現ソフトバンク)の執行役員営業本部長を経て、現在、東京工業大学大学院で特任教授を務める。著書にベストセラー『営業部はバカなのか』(新潮新書)、『優れた営業リーダーの教科書』(東洋経済新報社)がある。

石川 明(いしかわ・あきら)

新規事業インキュベータ石川明事務所代表

リクルート社の新規事業開発室のマネージャ、株式会社オールアバウトの創業を経て独立し、企業の新規事業開発に特化した支援業務を行なう事務所を設立。社内起業提案制度の設計などボトムアップの仕組み作りが得意領域。著書に『はじめての社内起業』(ユーキャン学び出版部)がある。

常見陽平(つねみ・ようへい)

千葉商科大学専任講師

1974年生まれ。一橋大学商学部卒業。同大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)。㈱リクルート、㈱バンダイ、㈱クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て、2015 年より現職。働き方をテーマに執筆・講演などを行なう。『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社新書)など、著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

相手に応じて「第一印象」を使い分けよう

和田裕美 (営業コンサルタント)

ビジネスマンにとって「雑談力」こそ最強の武器だ

齋藤 孝(明治大学教授)

一流だけが実践している! 開始2秒で心をつかむ雑談術

安田 正(パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。