ホーム » THE21 » トピックス » 英語を「1カ月」で習得する3つのコツとは?(その2)

英語を「1カ月」で習得する3つのコツとは?(その2)

2016年10月05日 公開

新条正恵(コンサルタント、語学講師)

「苦手を克服しない」のが英語習得のコツ?

「英語が話せない」……長年、多くの日本人が宿命のように抱えてきたコンプレックスだ。だが、それは「たった1カ月の勉強で解消できる」と言うのが、投資銀行で世界のエリートたちと英語で仕事をしてきた新条正恵氏だ。2016年リオ五輪では現地で通訳ボランティアも務めた英語のプロで、『マルチリンガル式30日で使いこなせる仕事の英語』などの著書のある新条氏。効率よく英語を習得し、仕事力までも向上するという3つの鉄則についてうかがった。

前回の記事はこちら

 

英語ができる人は仕事もできる!

ビジネススキルの高さと、英語力の高さは比例する。英語が話せる人は頭がいいから、仕事ができるというのではない。毎日忙しく仕事をしながら、英語を効率的に学ぶことができる人は、あらゆる方面でスキルアップができるということだ。

筆者が運営するマルチリンガルクラブは、英語が話せるようになりたいビジネスパーソンのための語学学習コミュニティ。将来はグローバルに活躍したいという20代後半〜40代後半が集うが、語学を習得するうちに異動や転職でキャリアアップ、わずか1年で収入が2割もアップした人もいる。

ある転職情報会社のデータによると、英語と日本語を使って仕事をする人は、日本語のみを使い働く人に比べて平均30%も収入が高い。筆者の元同僚でシステムエンジニアとして働いていた20代後半の男性は、英語を習得し外資系企業に転職しただけで、収入が2.5倍になった。実に250%のアップである。

MBAや留学なしで1カ月英語を学習するだけで年収がアップするのであれば、挑戦しても損はしないと筆者は思うが、いかがだろうか?

英語力をアップさせる3つのコツ >

iyashi

著者紹介

新条正恵(しんじょう・まさえ)

コンサルタント/語学講師

ニューヨークメロン銀行ヴァイス・プレジデント職を経て、その後独立。グローバルリーダーとして働いた自身の経験を活かし、海外進出を目指す企業向けにコンサルティングを行う。また、2016リオ五輪には通訳ボランティアとして参加、2020東京五輪で活躍したい人向けに講演活動を行っている。著書に『マルチリンガル式30日で使いこなせる仕事の英語』(かんき出版)などがある。

関連記事

編集部のおすすめ

英語を「1カ月」で習得する3つのコツとは?(その1)

新条正恵(コンサルタント、語学講師)

英語を「1カ月」で習得する3つのコツとは?(その2)

新条正恵(コンサルタント、語学講師)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。