ホーム » THE21 » インタビュー » モールスキンのメモからアイデアが生まれる

モールスキンのメモからアイデアが生まれる

2017年02月02日 公開

嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長)

クリエイティブディレクターの「アイデア」ノート術

気鋭のクリエイターとして知られる嶋浩一郎氏。そのアイデアの源になっているのが、「モールスキン」(モレスキン)のノートに書き溜めたさまざまな情報だ。「アイデアはムダなものからこそ生まれる」と話す嶋氏、ノートに書く内容も、最初から有用なことに絞ろうとせず、ムダなこともなんでも書くという。それらをどのようにアイデアにつなげているのだろうか。《取材・構成=林加愛、写真撮影=長谷川博一》

 

モールスキンの中は豆知識の宝庫

クリエイティブディレクターとして、広告制作の第一線で活躍する嶋浩一郎氏。その仕事において、「アイデア創出力」は生命線と言える。そのための必需品となっているのが、「モールスキン」のノートだ。アイデアの素材となりうる情報を書き留めるインプットツールにして、発想を生むアウトプットの拠点でもある。
とはいえ、「初めからアイデア創出のために使おう、思っていたわけではありません」とのこと。ごく単純に、「エンタテインメントとして」書き始めたものだという。

「昔から豆知識の類が好きで、面白い話を見聞きするたび本の余白や手帳の隅に書いていました。ところが、そのつど思い思いの場所に書くので、情報が散逸してしまう。そこで、一か所にまとめようと思ったのが出発点です。モールスキンのノートは旅行用に開発されたものとあって、頑丈で傷みにくい。常に携行し、すぐに取り出して書くことができるので便利です」

ノートを開くと、そこはまさに豆知識の宝庫だ。「マナティーの肉は美味で、缶詰としても売られていた」「初期ギリシャ語は、左右どちらから文字を書いてもよく、一行ごとに交互に替える人もいた」など、あらゆる分野の情報がぎっしり並ぶ。それらの「ネタ」に、一つひとつ番号が振られているのも特徴的だ。

「ナンバリングは、1日に何個くらいのネタをインプットしているのだろう、という軽い興味から始めました。数は日によってまちまちですが、一冊のノートはおよそ2~3カ月で使い切ります。1冊に入るネタの数はおよそ千個。この習慣を始めて十数年になりますから、これまで数万超のネタを書いたことになりますね」

長年続くこの習慣、昔も今も一貫しているのは「気楽に書く」というスタンスだ。

「『役立つ知識を得よう』と思って書いたことはありません。役立てようと思うと、義務感が伴いだして苦しくなります。ですから私は、書くときにその情報に価値があるか、を一切意識しません。ただ『面白い』と思ったことを、リスのように集めるだけです(笑)」

 

一軍ノートと二軍ノートを使い分ける >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

嶋 浩一郎(しま・こういちろう)

博報堂ケトル代表取締役社長

1968年生まれ。上智大学法学部卒業後、93年に博報堂に入社。02年に雑誌『広告』編集長となり、04年には「本屋大賞」立ち上げに参加。06年、博報堂ケトル代表取締役社長・共同CEOに就任。12年、東京・下北沢の書店「B&B」の設立をプロデュース。著書に、『なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか』(祥伝社新書)など。

関連記事

編集部のおすすめ

スキマ時間での「ノートの上書き」が最高のアウトプットを生み出す

遠藤功(ローランド・ベルガー会長)

紙に書くからこそ、情報が即座に引き出せる

松井忠三(良品計画前会長)

知性派タレント・春香クリスティーンの「政治ノート」

春香クリスティーン(タレント)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。