ホーム » THE21 » 仕事の悩み » 男性社員は、女性リーダーとどう接するべきか?

男性社員は、女性リーダーとどう接するべきか?

2016年11月28日 公開

前川孝雄([株]FeelWorks代表)

男性上司&部下に求められる「覚悟」とは?

女性活躍推進法が施行され、“女性活躍元年”ともいわれる2016年。女性リーダーを起用する企業も増えてきており、今後も拡大していくだろう。では、そんな女性リーダーたちに対し、男性社員はどのように接したらいいのだろうか。数々の企業のダイバーシティマネジメントを手がけるFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏に、男性上司&部下の心構えを教えていただいた。

 

男性上司へのアドバイス

 男性上司にお願いしたいのは、自分が持つリーダー像を疑ってほしいということ。男性中心型の組織で昭和から受け継がれてきたリーダー像は、今や時代にそぐわなくなりました。ダイバーシティ&イノベーションが最優先課題となる現在の企業経営において、組織に貢献できる人材は誰か。それをフラットな目線で判断し、適材適所で部下を登用してください。すると、今まで無意識のうちにリーダー候補から除外していた女性の部下についても、「このポストなら彼女の強みが活かせるのではないか」と気づくはずです。

 女性にポストを与えようとしても、本人が尻込みするケースもあるかもしれません。しかし、それも現時点では仕方のないこと。周囲の人たちが「管理職は男がやるべき」という固定観念を払拭できない現状を女性たちは肌身で感じているので、その逆風の中に一人で放り出されるとなれば、孤立を恐れるのも無理はありません。

 ただし、それは必ずしも本人に仕事への意欲がないということではありません。リーダー候補になるくらいですから、彼女たちは総じて真面目で一生懸命です。ですから、上司の側は思いきって女性を抜擢するとともに、彼女たちが孤立することなく、努力して結果を出せるよう応援してください。人脈を紹介したり、役員へ根回しをしたりといったサポートの他、節目ごとに面談し、「今回の仕事では何が成功で、何が失敗だったか」を一緒に振り返って経験から学ばせることも必要です。女性リーダーを増やしていくためにも、彼女たちの成長過程に男性上司がコミットし、成功事例を作ることが非常に重要なのです。

 ただし、くれぐれも自分が考えるリーダー像を相手に押しつけないこと。自分のコピーを作るのではなく、本人の持ち味を活かすことを心がけてください。

 

男性上司は…
自分の価値観を強制せず広い視点から見た人材登用で育成&サポートを

男性部下へのアドバイス >

iyashi

著者紹介

前川孝雄(まえかわ・たかお)

株)FeelWorks 代表取締役/青山学院大学兼任講師

1966年兵庫県生まれ。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒。人材育成の専門家集団(株)FeelWorks創業者。延べ250社以上で導入される「上司力研修」や「上司力鍛錬ゼミ」、「育成風土を創る社内報」編集などを手掛け、長期伴走型で徹底した人が育つ現場創りを支援。自らも部下を育て活かす「上司力」の第一人者として熱く発信中。TV『ワールドビジネスサテライト』『めざせ!会社の星』『サキどり↑』などに出演。 著書に『女性の部下の活かし方』(メディアファクトリー新書)、『年上の部下とうまくつきあう9つのルール』(ダイヤモンド社)、『はじめての上司道』(アニモ出版)、『30代はアニキ力』(平凡社新書)、『あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール』(明日香出版社)など多数。

関連記事

編集部のおすすめ

女性リーダーの「ホンネとリアル」座談会

若手、後輩を腐らせる悪しきベテランとダメ上司

本田有明(本田コンサルタント事務所代表)

人材育成のプロが語る「リーダーに不可欠なスキル」

小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。