ホーム » THE21 » インタビュー » 日本一のチームを作り上げた「指導をしない」マネジメント

日本一のチームを作り上げた「指導をしない」マネジメント

2017年02月14日 公開

栗山英樹(北海道日本ハムファイターズ監督)

 

優勝したからこそあえてチームを「崩す」

 日本ハムは選手の入れ替わりが激しいチームだ。栗山監督が就任してから5年の間にも、顔ぶれは大きく変わった。主力が抜けると低迷するチームが多い中で、常に好成績を収め続けている理由はなんだろうか。

「チームとして結果を残し続けるためには、常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められます。とくに優勝した翌年はそれを意識します。安定した組織は良いけれど、その状態に慣れてしまうと成長がありません。キープしようと思っても面白みがないですし、勝ったときこそ次のプラスアルファを生み出さないといけない。

『チームを崩す』ことによって、これまでは出場機会に恵まれなかった選手たちは『今度はチャンスがあるかもしれない』と頑張ることができますし、出場していた選手たちには緊張感が生まれ、『次も絶対ではない』と努力し続けるようになり、結果的に個々の能力が高まる。個人もチームも進化し続けないと意味がないですからね。

 でも、それができるのは、やはり選手をはじめ、フロントやコーチ陣などとの信頼感があるからだと思います。プロ野球において、打率とか打点とか防御率とか……もちろん個人の数字は大切です。でも、それを一番にしていたら強いチームは作れない。勝てるチームを作るために何をしたらいいのか考え、皆が同じ方向を向いて動くことが、継続的に強いチームを作るのだと思います」

外国人選手にはあえて「日本風の英語」を!? >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

栗山英樹(くりやま・ひでき)

北海道日本ハムファイターズ監督

1961年、東京都生まれ。東京学芸大学を卒業後、84年に内野手としてヤクルト・スワローズに入団。1年目で一軍デビューを果たし、88年には、3割3分1厘と活躍。89年にはゴールデングラブ賞を獲得。90年の引退後はスポーツジャーナリストとして幅広く活躍。2012年、北海道日本ハムファイターズの監督に就任し、1年目にしてリーグ優勝を果たす。16年、11.5ゲーム差を逆転し、4年ぶりにリーグ優勝。日本シリーズも逆転優勝した。著書に、『未徹在』(ベストセラーズ)など。

関連記事

編集部のおすすめ

人材育成のプロが語る「リーダーに不可欠なスキル」

小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)

「すごい成果」を上げるリーダーの部下指導の極意とは?

赤羽雄二(ブレークスルーパートナーズ代表取締役)

上司・部下間のストレスを劇的に減らす仕組みとは?

嶋津良智(日本リーダーズ学会代表理事)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。