ホーム » THE21 » トピックス » 話題の「マインドフルネス」で、折れない心を手に入れる

話題の「マインドフルネス」で、折れない心を手に入れる

2017年03月21日 公開

吉田昌生(日本マインドフルネス協会代表)

 

直感力や共感力も高まる最強のトレーニング

 集中力を高めたり、ストレスを低減したりすること以外にも、マインドフルネス瞑想にはさまざまな効果があります。

 余計なことを考えなくなるので、思考が整理されて論理的に考えることができるようになりますし、直感力や発想力も高まります。直感や発想はリラックスしているときに得やすいものです。マインドフルネス瞑想でストレスを減らし、リラックスする時間を毎日持てば、インスピレーションがわきやすくなります。

 さらに、自分の感じていることをあるがまま受け入れられるようになることで、他者に対しても受容的になり、共感する力が高まります。

 これまで感じないようにしていた自分の中にあるネガティブな感情を認め、受け入れていくと、鈍っていた感受性が蘇り、喜びや幸福感、他者とのつながりなどを感じやすくもなります。

 これらの変化はすべて、「人間力」を豊かに花開かせることとも言えます。

 多様な価値観を持つ他者を受け入れ、ともに協力しあえる力は、これからの時代のビジネスマンに欠かせません。マインドフルネス瞑想は、次世代のリーダーに必要な力を養ってくれるトレーニングだとも言えるでしょう。

 

《『THE21』2017年3月号より》
《取材・構成:林 加愛》

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

吉田昌生(よしだ・まさお)

日本マインドフルネス協会代表

1981年、福岡県生まれ。20代で精神的不調和を経験したことをきっかけに、理想的な心と身体のあり方の研究を開始。インドをはじめ35カ国以上を訪れ、ヨガや瞑想について経験と知識を深める。現在は、神奈川県を拠点に、マインドフルネスをベースにしたヨガクラスを指導。『1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想』(WAVE 出版)、『マインドフルネス 怒りが消える瞑想法』(青春出版社)など、著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

今、話題の「マインドフルネス」とは?

石川善樹(予防医学研究者)

これだけは知っておきたい「ストレスチェック」Q&A

植田健太(臨床心理士/特定社会保険労務士)

脳のストレスを「溜めない」 8つの方法

有田秀穂(医学博士)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。