ホーム » THE21 » トピックス » 「お金持ち」はなぜヘッジファンドに投資するのか?(第2回)

「お金持ち」はなぜヘッジファンドに投資するのか?(第2回)

2017年03月09日 公開

高橋成壽(ファイナンシャルプランナー)

日本の金融商品はなぜ低パフォーマンスなのか?

高橋 なぜ日本ではパフォーマンスの良い商品がないのでしょう?

社長 規制が厳しいことや、販売コストが高いことなどが障壁としてあります。腕のいいファンドマネージャーはいても、その力を活かし切れていないのかもしれません。

コンサル ファンドを作る側、売る側、買う側、全ての関係者が、下げ相場になってしまったらマイナスのパフォーマンスが当たり前であるかのように振る舞っていることも、大きな問題だと思います。なぜ下げ相場でも利益の出るようなファンドが日本にないのか、誰も文句を言わないのか不思議です。

高橋 ヘッジファンドの世界は一般の人には「お化け」みたいなものかもしれません。「あるある」と言われていても、出会う機会はほとんどない。都市伝説だと思っている人もいるかもしれないですね。

社長 我々は、そのような方々に良質の金融商品をお届けしたいと思い、タイを拠点にアジア中を飛び回っています。

高橋 なるほど、ありがとうございます。機会があれば、個別のファンドについても教えてください。私も日本では聞けない話がたくさん仕入れられました。

社長 もちろんです。このような機会を頂けたことを嬉しく思います。

いかがでしょうか?あなたの知らないヘッジファンドの世界。次回は日本人のヘッジファンドマネージャーにお話を聞いてまいります。お楽しみに!

※日本国内においてファンドを始めとする有価証券の販売・勧誘を行うには、財務局に登録する必要があります。B社は取材日現在において、日本における登録はございません。

iyashi

著者紹介

高橋成壽(たかはし・なるひさ)

寿FPコンサルティング代表取締役

日本FP協会認定CFP。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、投資商品の営業、外資系生保の営業を経て、ファイナンシャル・プランナー会社を設立。女性のお金に関する悩みを解消するサービスとして、家計管理講座「マネーレッスン」を開講中。

関連記事

編集部のおすすめ

「お金持ち」はなぜヘッジファンドに投資するのか?

高橋成壽

加入率たった3割?熊本地震を機に「地震保険」の見直しを

高橋成壽(ファイナンシャルプランナー)

EUショックで見えてきた「本当に安全な投資手法」とは?

高橋成壽(寿FPコンサルティング代表)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。