ホーム » THE21 » インタビュー » <連載>一流の職人に学ぶ「仕事の流儀」

<連載>一流の職人に学ぶ「仕事の流儀」

2017年03月10日 公開

第4回 和菓子職人 水上力

生き残るために伝統を「発信」する

水上氏の手。ゴツゴツした手は、職人の勲章であり、遺影にしてほしいとのこと。

 その後、水上氏は29歳で独立。東京の小石川に「一幸庵」を構える。しかし、開店後の10年は客足が伸びない苦しい時代が続いた。

「知名度も低く、お客さんが来ない日が続きました。それでも、ただ愚直に和菓子を作り続け、徐々に通い続けてくれるお客さんが増えてきたのです。今では、遠方から通い詰めてくれるお客さんもいます。今、飯が食えるようになったのもひとえに、そうしたお客さんに店を育ててもらったおかげです」

 しかし、水上氏は和菓子一本で生計を立てられる職人が減ってきたとため息をつく。

「洋菓子が日常のものとして浸透し、和菓子が非日常のものになってしまったからです。おはぎを作る家庭は、今では珍しいでしょう。戦後70年、私たちの食卓の中心は洋食です。

 ただ、生活様式の変化に対応できなかった和菓子職人たちにも責任はあります。畳やお茶があれば和菓子は安泰、とばかりに『伝統さえ守っていれば良い』と胡坐をかいていたのです。そうしているうちに、マンションが増え和室は減り、お茶も急須の抹茶ではなく、ペットボトルのお茶が主流になってしまったのです」

 その中で、和菓子が生き残るにはどうすべきだと考えているのだろうか。

「和菓子を再び身近な存在に引き戻していくことです。そのためには、『和菓子の良さと伝統』を発信していくことが大切です。

 たとえば、秋の十五夜には『月見団子』、十三夜に『栗おこわ』、十夜に『稲のおこわ』を楽しむよう呼びかける。もともと、日本には72もの季節があり、それに合わせて和菓子を楽しむ文化があるのです」

和菓子の領分を守る職人のプライド >

iyashi

著者紹介

水上力(みずかみ・ちから)

和菓子職人

1948年、東京生まれ。江戸菓子屋の4男として育つ。京都、名古屋で和菓子職人としての修業を積み、77年、東京・小石川に「一幸庵」をかまえる。国内外での講演などを通じ、和菓子を世界へと発信し続けている。

関連記事

編集部のおすすめ

<連載>一流の職人に学ぶ「仕事の流儀」

第3回 江戸小紋職人 小宮康正

<連載>一流の職人に学ぶ「仕事の流儀」

第2回 刀鍛冶 吉原義一

<連載>一流の職人に学ぶ「仕事の流儀」

第1回 銀座 鮨青木 店主 青木利勝


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。