ホーム » THE21 » スキルアップ » 40代からでも「記憶力」は伸ばせる!

40代からでも「記憶力」は伸ばせる!

2017年07月13日 公開

池田義博(記憶力のグランドマスター)

 

記憶力を強化すると発想力もアップする

 40代半ばにして記憶力のトレーニングに目覚めたことで、私の人生は大きく変わりました。意外な収穫だったのは、新しいアイデアを生み出す発想力も伸びたことです。記憶術は、数字や記号をイメージに置き換えていく、想像力をフルに使うトレーニングですから、対象からイメージを膨らませて新しいアイデアにつなげていく脳の回路が強化されるのです。

 さらには、自分自身への自信が高まったことも挙げられます。大会では、2、30代の選手を破り、40代半ばにして日本チャンピオンになりました。これは「脳は何歳からでも鍛えることができる」ことの何よりの証拠。年齢を理由に、自分の可能性に制限をする理由はどこにもありません。人間の記憶脳は使い方次第で、どこまでも伸びる無限の可能性があるのです。

≪取材・構成:麻生泰子≫
≪『THE21』2017年7月号より≫

iyashi

著者紹介

池田義博(いけだ・よしひろ)

記憶力のグランドマスター

1967年、茨城県生まれ。大学卒業後、大手通信機器メーカーを経て、学習塾を経営。塾の教材のアイデアを探しているときに「記憶術」に出合い、2013年、記憶力日本選手権大会優勝。その後、4回連続で記憶力日本一になる。同年、世界記憶力選手権ロンドン大会にて、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得。近著に、『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』(ダイヤモンド社)。

関連記事

編集部のおすすめ

大人は「丸暗記」より「経験の記憶」が重要

築山節(医師)

780人の社員全員を記憶する社長の秘密とは?

重永 忠([株]生活の木 代表取締役社長CEO)

物忘れがひどい!言葉が出てこない!という人のための 脳と記憶力を鍛えるトレーニング

加藤悛徳(医師・医学博士、「脳の学校」代表)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。