ホーム » THE21 » インタビュー » 後払い決済のパイオニア企業は、組織もユニークだった

後払い決済のパイオニア企業は、組織もユニークだった

2017年07月27日 公開

柴田 紳(ネットプロテクションズ代表取締役社長)

2000年の立ち上げ以来、「つぎのアタリマエをつくる」という目標を掲げ、実現不可能と言われていた後払い決済ソリューション「NP後払い」を提供してきたネットプロテクションズ代表、柴田紳氏。今や年間流通総額は1,400億円にのぼり、利用金額・ユーザー数ともに右肩上がりを続けている。その驚異的な実行力と成長ペースに、さぞかしIT企業然としたクールな企業、CEOなのだろうと思いきや、取材してみると雰囲気は予想外。日本初のビジネスモデルの実現過程はもちろん、その組織創りのこだわりまで、斬新で快活な“ネットプロテクションズ流”を聞かせていただいた。

 

不可能と言われたサービスを実現した
常識にとらわれない戦法

――まずは日本初の後払い決済サービス「NP後払い」について教えてください。

柴田 私たちが提供する「NP後払い」は、その名のとおり、ネットショッピングにおいてユーザーが「商品を受け取った後で支払いできる」サービスです。ユーザーの商品受け取り後にネットプロテクションズ(以下NP)が請求書を発送、コンビニ・銀行・郵便局でお支払いしていただけます。商品到着後の支払いのため安心ですし、支払窓口が多いので便利だとご好評いただいています。
一方、加盟店舗側のメリットとしては、NPが料金の未回収リスクを保証します。ネット通販において未回収リスクがないというのは売上向上に直結しますし、大変喜んでいただけています。

――未回収リスクの保証は確かに魅力的ですが、一体どうしてそんなことが実現できたのですか?

柴田 最初は、話を持ちかけたお店の方からも「賭けてもいい、その事業モデルは実現できないだろう」なんて言われていました。結果的に実現できた理由は、逆説的ですが、「少額大量の未回収リスクを積極的に請け負ってきたから」だと言えます。
どういうことかと言うと、1つには、少額のリスクを大量に請け負っていれば、大数の法則でリスクが安定化してきます。最初は大変ですが、数を請け負っていればそのうち平均値に落ち着いてくるわけです。そしてもう1つ、支払い歴のある優良なリピーターが増加するにつれ、未払い率は低下していきます。
この2つの法則が働くことにより、積極的にリスクを請け負うことでリスクが安定、そのうちに無理なく未払い保証ができるに至りました。現在では7割以上がリピーターですので、未払いリスクはかなり下がっています。

――なるほど。スタートから3年かけて後払いサービスを軌道に乗せられるわけですが、まったく新しいサービスを実現するにあたって、他にどんなご苦労がありましたか?

柴田 のちほどお話しする当時の会社の状況が苦労の根源ではありましたが、事業面で言えば、「①どうすればショップさんが利用してくれるか」「②どうすればお客様のリスクを請け負えるか」「③物量が上がってきたとき、オペレーションコストが跳ね上がるのをどう処理するか」という3つの課題を同時並行で解決していくのがとにかく大変でした。
①については先ほど述べたとおり「未回収リスク保証? 実現できたらいいけど、絶対無理だよ」と言う人も多かったですし、②についてはリスクが安定するまではとにかく我慢、③については工数を減らし、コストを下げないと事業として成り立ちません。
しかし、それらの課題をクリアして目指すサービスを実現できれば、ユーザーにも店舗にも絶対に喜んでいただけることはわかっていましたので、とにかくすべての仕事を自分でやってでも実現するぞという気持ちは強かったですね。

――今でも「社内にやったことのない仕事はない」とうかがっています。

柴田 そうですね、社内にある仕事はほとんどすべて経験していると思います。営業はもちろん、スタート当時は土日の与信審査なんて誰もやってくれませんから、それも自分でやっていました。最初に契約してくれたお客様のことは今でもよく覚えています。埼玉の奥地でネット通販の副業をされていた方のところへ営業に行きました。その方がお客様第1号です。
あとはこの頃から、ブランディングに非常にこだわっていました。たとえば今、後払いをやる会社は増えてきましたが、当社の督促状が一番「きつくない」書き方なのではないかと思います。言葉を選ばずに言えば、脅すような文面のほうが回収率はいいのですが、創業当時からそういった言い回しは極力使わないようにしていました。返済に詰まった人が脅されるような文面を受け取ったら、金輪際その会社のサービスは利用したいと思いませんよね。そういった点も考えに考えて、自分で督促状の文面を考えたりもしていました。

実現できると信じていたのは 自分1人だけだった >

iyashi

著者紹介

柴田 紳(しばた・しん)

[株]ネットプロテクションズ代表取締役社長

株式会社ネットプロテクションズ代表取締役社長(CEO)。1975年、福岡県生まれ。一橋大学卒業後、98年、日商岩井株式会社(現・双日株式会社)入社。2001年、IT事業への興味からITX株式会社に入社し、同年、買収先である株式会社ネットプロテクションズへ取締役として出向。04年、同社社長に就任し、転籍。日本初の後払い決済システムをゼロから構築・成功させ、累計利用ユーザー数1億人&100万社を突破。2017年6月にはカードレス決済の新サービス「atone」をリリース。

関連記事

編集部のおすすめ

医療×ITで、「納得できる医療」の実現をめざす

瀧口浩平(メドレー代表取締役社長)

<連載>経営トップの挑戦

女性の挑戦機会を増やし、日本の課題を解決する!

松本洋介(LiB代表)

ピザーラ創業者、人生の転機を語る

[株]フォーシーズ 代表取締役会長兼CEO 淺野秀則


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。