ホーム » THE21 » スキルアップ » 情報を刻み込む! 「記憶ノート」の作り方

情報を刻み込む! 「記憶ノート」の作り方

2017年09月11日 公開

碓井孝介(司法書士)

「しぼる」「まとめる」「図で覚える」

資格を取得する、新しい知識を身につけるなど、スキルアップのための勉強に終わりはない。しかし、歳を追うごとに記憶力は衰えていく。自己研鑽に使える限られた時間を最大限に活かし、より効率的に記憶する方法はあるのだろうか?暗記を中心とした勉強法で司法書士や公認会計士の試験を突破した「暗記のプロ」に話をうかがった。

 

40代ビジネスマンこそ「暗記ノート」を使おう!

 どんな勉強にも共通しているのは、基礎知識をインプットしなければ何も始まらないということです。なぜなら、基礎知識がなければ、理解を深めることができないからです。考え方を学びとろうとする前に、考えるための元、つまり思考の土台を作ることが先決なのです。

 そこで私がお勧めしているのは、「暗記ノート」を使った勉強法。ノートに書いて覚えるシンプルな方法ですが、書くことで思考や情報を整理し、頭の中をよりクリアにできます。

 私は10代でこの方法を思いつき、試行錯誤を繰り返しながら、大学受験を乗り切りました。しかし、40代のビジネスマンにこそ有効な勉強法ではないかと考えています。

 なぜなら、暗記ノートは、①暗記する情報をしぼる、②まとめる、③図で覚えるという3つのステップで作成していきますが、その過程において、「情報を選んでまとめる」という作業がキーポイントになるからです。これはまさに、資料作成などにおいて情報を選び、まとめる能力が求められるビジネスマンにこそ必要とされる能力なのです。

 年齢を重ねれば、誰でも記憶力が低下しますが、暗記ノートを作ることで、覚えたことを忘れにくくし、記憶として定着しやすくするのです。

まず「問題集」から読み始める理由とは? >

iyashi

著者紹介

碓井孝介(うすい・こうすけ)

司法書士

1984年、北海道生まれ。暗記を中心とした独自の勉強法で、難関大学に現役合格。在学中に司法書士試験、卒業後に公認会計士試験に合格。大手監査法人勤務、資格スクール講師を経て、現在は司法書士として実務に携わる。著書に、『頭のいい人は暗記ノートで覚える! 「時間は半分、成果2倍」の勉強法』(三笠書房)など。

関連記事

編集部のおすすめ

40代からでも取っておきたい「資格」

鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

社会人の勉強スケジュールは「細かく決めない」こと

佐藤孝幸(弁護士)

難関試験に最短合格!「ゼロ秒勉強法」

宇都出雅巳(トレスペクト教育研究所代表)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。