ホーム » THE21 » インタビュー » 社会人なら知らないと損する「お金の常識」とは?【後編】

社会人なら知らないと損する「お金の常識」とは?【後編】

2017年10月04日 公開

大江英樹(経済コラムニスト)

「iDeCo」は最強の老後資産形成法

 最近、話題になってきているiDeCo(個人型確定拠出年金)。iDeCoは最強のじぶん年金と言っても過言ではない制度です。iDeCoは確定拠出年金の一種ですが、企業型と個人型で性質がやや異なります。実質的な中身はほぼ同じですし、同じ法律に基づいて施行されていますが、制度の性格がまったく別ものなのです。

 企業型は「企業が運営する退職給付制度」であり、個人型は「個人が自助努力で積み立てる資産形成制度」です。したがって、最大の違いは、企業型はお金を出すのが主に会社、そして個人型はお金を出すのが自分というところです。そして、生保の個人年金保険や個人で積み立てる投資信託などとは比べ物にならないぐらい多くのメリットがあります。具体的にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

iyashi

著者紹介

大江英樹(おおえ・ひでき)

経済コラムニスト

1952年、大阪府生まれ。大手証券会社で個人資産運用業務、企業年金制度のコンサルティングに従事。定年後の2012年にオフィス・リベルタス設立。現在、年間140を超える講演、月12本の連載を抱え、多忙な日々を過ごす。著書に『定年男子 定年女子』(日経BP社・共著)など多数。

関連記事

編集部のおすすめ

不安を煽る「老後破産」のウソ

大江英樹

100年生きる時代に必要な「人生の基本公式」

山崎 元(経済評論家)

社会人なら知らないと損する「お金の常識」とは?【前編】

大江英樹(経済コラムニスト)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
iyashi

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。