ホーム » THE21 » トピックス » トップ照明デザイナーが語る「世界の広さ」を知る意味

トップ照明デザイナーが語る「世界の広さ」を知る意味

2017年10月18日 公開

石井幹子(照明デザイナー)

遠いフィンランドで見た、忘れられない光景とは

1989年、夜空にすっくと浮かび立った東京タワーは日本中を魅了した。その照明デザインを手がけ、人気に陰りが差していた東京タワーを再びランドマーク的存在へ押し上げたのが、世界的照明デザイナーの石井幹子氏だ。戦後、日本の照明デザインの草分けとして道なき道を切り開き、世界各地の人を感動させてきた石井氏に、人生の転機となった出来事についてうかがった。

工業デザイナーに憧れていた私は、芸大卒業後、アルバイト先でもあったデザイン事務所に入社しました。
当時はデザインの勃興期で、インテリアや家電、ブランドロゴなど、新人にも多様な仕事をどんどん任せてもらえ、面白く働いていました。
そんなある日、照明器具をデザインする仕事が回ってきました。試作品が完成し、自分がデザインした照明器具のスイッチを入れ、光が灯るのを見た瞬間、私は光のとりこになったのです。

もっと光の勉強がしたいと、その方法を探していたとき、『スカンジナビアン・ドメスティック・デザイン(北欧家庭のデザイン)』という分厚い本の中に、未来の恩師の名前を見つけました。
遠いフィンランドで活躍されていた照明器具デザイナー、リーサ・ヨハンソン・パッペ氏に、「アシスタントにしてください」と手紙を書き、手製の作品集と一緒に送付。幸運にも返事を得た私は、1965年9月、ヘルシンキの「ストックマン・オルノ社」の門をくぐりました。横浜を出航しモスクワ経由、陸路と海路の旅でした。

単身渡ったフィンランドで初出社したこの日、新しい職場で目にした光景が、その後の私の日々の支えとなるとは、当時は予想もしませんでした。

私はただただ、「たくさんの女性が普通に働く職場」に圧倒されたのです。

そこには、パッペ先生を筆頭に、仕事とプライベートを両立するたくさんの女性たちがいました。
当時の日本では、女性が働くことすら稀で、仮に仕事をするなら独身は確定事項。結婚すれば仕事は引退。そのどちらかでした。そのような日本からやってきた私は、「こんな世界があるのか」と目をみはりつつ、彼女たちと楽しく働きました。

フィンランドで多くの学びを得た私は、今度はドイツへ渡ることを決心。

※ヘルシンキの港から船でドイツへ旅立つ日。パッペ先生(右から2番目)と同僚たちが見送りに来てくれた。

当時のドイツは日本と同様、男性優位社会でしたが、今では首相も女性です。ドイツのあとは日本に帰国して仕事を続けましたが、私が女性であるがゆえ、いろいろと理不尽な目にも遭いました。
仕事の打ち合わせで企業に電話をかけたり訪問したりすれば、「私用ですか?」と必ず聞かれたものです。私を抜擢してくださった建築家の先生(男性)が、冷やかされるようなこともありました。大阪万博や東京タワーなど、大きな仕事を請け負えど、状況はそうそう変わりません。

それでも私は、自分の国、この日本で、照明デザインをやりたいと思いました。
当時の日本のクラフトマン・シップ溢れるものづくりの環境に夢中だったこともありますが、頭のどこかにいつも、「日本もいつかはフィンランドのようになるはずだ」との思いがあったのです。

「世界には、今いる場所とまったく異なる場所がある」

そのことを知る経験は、勇気を与えてくれます。日本にない価値観や仕事が海外で見つかるという経験は、数知れず。若い人は最低1年間、海外で暮らしてみてほしいと思います。
世界の広さを知ることで、心に希望と余裕を持てたからこそ、私は何があっても理想を捨てず、邁進してこられたのです。

《『THE21』2017年8月号》

 

石井幹子氏プロデュース 創エネ・あかりパーク(R)2017 開催!
2017年11月1日(水) ~ 5日(日)、上野が美しい光で彩られます。
噴水のライトアップ、国立科学博物館と国立西洋美術館のカラーライトアップ、さらに東京国立博物館の特別プロジェクションも!
100%グリーンエネルギーで贈る光の祭典です。
メイン会場:上野恩賜公園 噴水広場
11 月1 日(水)~4 日(土)13:00 ~ 20:00
11 月5 日(日)13:00 ~18:00
http://www.akaripark.com/

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

石井幹子(いしい・もとこ)

照明デザイナー

東京都生まれ。照明デザイナー。東京芸術大学卒業後、フィンランド、ドイツの照明設計事務所に勤務。帰国後、石井幹子デザイン事務所を設立。東京タワー、東京港レインボーブリッジ、白川郷合掌造り集落をはじめ、国内外で多くの作品を手がけ、受賞多数。2000年、紫綬褒章受章。新しい光素材や自然エネルギーの利用など、常に最先端の技術を駆使し、新たな光の可能性を模索している。

関連記事

編集部のおすすめ

ピザーラ創業者、人生の転機を語る

[株]フォーシーズ 代表取締役会長兼CEO 淺野秀則


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。