ホーム » THE21 » スキルアップ » 転職「嫁ブロック」を乗り越える3つのコツ

転職「嫁ブロック」を乗り越える3つのコツ

2017年11月13日 公開

高本尊通(プロフェッショナルバンク ヘッドハンター)

「まず奥様に相談してください」

続いては大手メーカーで20年働いていた40代前半のBさんのケースです。彼は同じ業界の技術部門からの依頼により移籍のターゲットとなり、私から話を聞きに会いに行きました。駅前のホテルのラウンジで約1時間、現職の詳しい仕事内容や転職に対する意識を確かめながら、家族構成も詳細にヒアリングしました。

その会話の中で私は、Bさんの奥様の影響力の強さに気がつきました。この先内定まで事が運んでも、年収が下がることが原因で嫁ブロックに遭う可能性が高そうだと思い、Bさんに「まず奥様に転職を検討したいと相談されたほうがいいですよ」と促しました。

その後Bさんは「やはり妻と話し合った結果、現職で引き続きがんばることにしました」と話してくれました。転職を断念され残念でしたが、話がさらに進んだあとでのブロックではなくてよかったのかもしれません。

このように私たちヘッドハンターは転職候補者と話すとき、現在の仕事だけでなく家庭内の状況も聞き出し、家族にも納得してもらえるよう依頼企業の魅力をお伝えしています。

 

嫁と新しい社長との会食をセッティング

もともと有名大手商社に勤めていた40代前半のCさんは、事業の将来性に期待し100人以下のメーカーへの転職を決めました。しかし内定が出たあと妻に相談したところ、あえなく嫁ブロックが発動。Cさんは夫婦間で話し合いを重ねましたが埒があかず、ヘッドハンターに状況を説明しました。

奥様が反対する要因は、会社の規模が小さくなるというところに不安を感じていたことにありました。それを聞いたヘッドハンターはすぐ、移籍予定の会社の社長とCさん、そして奥様を交えた会食をセッティングしました。

その場で奥様は社長の人柄の良さを感じ、会社への理解も格段に深まっただけでなく、小規模の会社に移ることへの不安も払しょくされました。「すごくいい社長ね。いい会社なんじゃない?」と無事に嫁ブロックを乗り越え、転職にいたりました。

ヘッドハンターは移籍の際の面接に対するアドバイスや立ち合いだけでなく、このように転職者の家族と新しい上司や社長を引き合わせて、スムーズに転職の話を進められるように働きかけることもあります。

ヘッドハンターが直接奥様を説得 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

高本尊通(たかもと・たかみち)

プロフェッショナルバンク ヘッドハンター

1972年3月7日生まれ。大学卒業後、大手総合人材会社に入社。大手特別法人営業グループ責任者を経て、ソリューションコンサルティング担当マネジャーとして活躍後、2004年、株式会社プロフェッショナルバンク設立に参画。これまで約7千人あまりのキャリアに携わり、特に30代、40代の転職市場の現場に長く携わってきた。2012年にビズリーチ社の日本ヘッドハンター大賞、同年から2年連続でリクナビNEXT AWARD MVAを受賞するなどし、16年にはビズリーチ社によるヘッドハンターランキングで約1500人中第1位を獲得している。

関連記事

編集部のおすすめ

地方企業への転職で カギとなる能力は?

中村天江(リクルートワークス研究所 労働政策センター長)

40代からの地方移住&転職の心得

多田洋祐(ビズリーチ取締役)

転職で成功する人vs.失敗する人

城繁幸(人事コンサルタント)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。