ホーム » Voice » Voiceインフォメーション » 呉善花先生の新刊が絶賛発売中!

呉善花先生の新刊が絶賛発売中!

2017年06月26日 公開

呉善花(拓殖大学教授)

『超・反日 北朝鮮化する韓国』(PHP研究所) 

 韓国に「従北朝鮮(従北)」派というべき文在寅政権が誕生した。朝鮮半島情勢が緊迫化するなか、なぜ多くの韓国国民は文在寅支持を表明したのか? そもそも韓国国民は、北朝鮮に軍事的な脅威を感じていないのか?

 われわれには、その背景と今後の動向がなかなか見えてこないが、著者によれば、もはや韓国全体が「北朝鮮化」していると見るべきであり、韓国の「反日」は止まらないことを心しなければならないという。

 韓国の「北朝鮮化」の背景等については本書に譲るとして、われわれが最も心しなければならないこととは何か。まず、欧米の政治家やジャーナリストには、日本よりも韓国の主張が多く刷り込められていることをわれわれは知るべきで、日本は国を挙げて国際社会に向けて正しい情報発信をしなければならない、と著者は強調する。そして外交レベルの話では、こうクギを刺す。韓国が経済援助を求めてきても、最低限の条件として日韓合意の履行を求めるべきだ、と──。

 動乱の朝鮮半島、そして日韓関係のいまと未来を冷静に分析した『北朝鮮化する韓国』。全国書店、amazonなどで絶賛発売中!

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

呉善花(お・そんふぁ)

拓殖大学教授

1956年、韓国・済州島生まれ。83年に来日し、大東文化大学(英語学)卒業後、東京外国語大学大学院修士課程(北米地域研究)修了。現在、拓殖大学国際学部教授。著書に『さらば、自壊する韓国よ!』(WAC BUNKO)、『日本にしかない「商いの心」の謎を解く』(PHP新書)などがある。

関連記事

編集部のおすすめ

呉善花 なぜ韓国は「謝罪」を求めるのか

呉善花(拓殖大学教授)

呉善花 「反日韓国」の苦悩

呉善花 (評論家、拓殖大学教授)


アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

21世紀のよりよい社会を実現するための提言誌として、
つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合月刊誌です。