ホーム » スキルアップ » 一流ビジネスマンが実践している 「大人の雑談力」 3つのポイント

一流ビジネスマンが実践している 「大人の雑談力」 3つのポイント

2013年05月22日 公開

THE21編集部

『THE21』2013年6月号より》

『THE21』6月号の[総力特集]誰とでも無理なく話せる「大人の雑談力」(第1部)では、各界で活躍する8名の方々にそれぞれの「雑談力」について語ってもらった。

(本誌登場順:写真左から)

◇ 齋藤孝(明治大学文学部教授)   
 ・「雑談」こそ、最強のビジネススキルである

◇ 泉谷直木(アサヒグループホールディングス〔株〕社長)
 ・どんな話題にも興味を持ち、素直に感心する

◇ 村上太一(〔株〕リブセンス社長)
 ・自分をオープンにしてきっかけを提供する

◇ 林 文子(横浜市長)
 ・「相談」のかたちで「雑談」をもちかける

◇ 町田豊隆(〔株〕AOKl常務執行役員)
 ・「その人ならではの憤報」で話を膨らませる

◇ 名越康文(精神科医)
 ・「結論」を急いで相手の話の腰を折らない

◇ 山本高史(関西大学社会学部教授)
 ・「拾った情報」ではなく「考えた情報」を使う

◇ 田原総一朗(ジャーナリスト)
 ・田原総一朗が語る「達人の雑談術」

 ここでは、そのお話から学んで「大人の雑談力」を身につけていくために重要なポイントをまとめた。
 これを道標として、“1つ上の雑談力”をめざそう!

 

大人の雑談力(1)まず「他者」に関心を向ける

 さまざまな分野で活躍する達人たちだが、その雑談には大きく共通する特徴があった。その1つが「他者志向」であるということ。

 「沈黙が気まずい」「こんな話をしたら、相手から馬鹿にされないか」……そんな気持ちから、雑談があまり得意ではない、という人も多いだろう。しかし、冷静に見つめ直してみると、それは自分のことばかりが気になっている状態であり、相手への視点が欠けていることに気づくのではないだろうか。

 達人たちは違う。“スーツ販売のカリスマ”〔株〕AOKI常務の町田豊隆氏が「雑談の主導権はお客様が握っている」と語るように、できる人たちが雑談するとき、その念頭にはつねに他者がある。ジャーナリストの田原総一朗氏が「自分の失敗談から話す」というのも、緊張する相手を思いやってのこと。クリエイティブ・ディレクターとして活躍する山本高史氏の言う「自分と他者の経験を重ね合わせる」という視点も、「他者志向」があってこそ獲得できるものだろう。

 「何を話したらいいだろう」と思い悩むのではなく、「この人とどんな話ができるだろう」と重心を目の前の相手に移してみる。精神科医の名越康文先生は『質問の天使』という言葉で表現していたが、相手の主体性を活かそうと意識することで、それまでとは違った質の雑談ができるようになるはずだ。
 

大人の雑談力(2)自分から能動的に動く

 もう1つ、達人たちの雑談に共通する特徴を挙げるとすれば、それは「能動的」であるということだ。

 雑談は、あらかじめ行なうと決められているものではない。日常の合間に突発的に生じるものだ。だからこそ、多くの人はなんとなくやり過ごしてしまうのだが、達人たちは決してそうではない。

 史上最年少で東証一部上場を果たした〔株〕リブセンス社長の村上太一氏は、「ブログやSNSをチェックして、相手がどんな本を読んでいるか知っておく」と語っていた。明治大学の齋藤孝先生もまた、「普段から周囲の人が関心を持っている事柄を押さえておいて、“鉄板ネタ”を準備しておく」ことを勧めている。雑談という突発的な会話についても能動的な準備をしているからこそ、彼らは充実した雑談ができるのだ。

 もちろん、ただ準備をするだけでなく、自ら行動を起こす点も大切だ。横浜市長の林文子氏は、庁舎ですれ違う職員に声を掛けて、積極的に雑談をしているという。「相手が歩み寄ってこないのであれば自分から歩み寄る」。この姿勢があるからこそ、「意味のある雑談」が可能になるのだ。
 

大人の雑談力(3)より長い視点で考える

 齋藤孝先生は、「雑談はその場の“空気”を作り出すもの」だと解説してくれた。アサヒグループホールディングス〔株〕の泉谷直木社長は、経営における同様の事柄を「風土」という言葉で表現している。目には見えないけれど、そこにたしかに存在し、知らず知らずのうちに大きな影響をおよぼす……雑談は、そうした重要なものに関わる営みなのだ。

 しかし、会社の風土が一朝一夕で形成されるものでないことは言うまでもない。雑談が場の空気を変え、その会社の風土を作り上げるには、ある程度の時間がかかるだろう。

 しかし、すぐに目に見える効果が現われないからといって、諦めてはいけない。林文子氏が、横浜市の職員たちの意識を変えるために「余計なこと」を言い続けたように、きっと芽が出ると信じてやり続けることが大切なのだ。

 漢方薬を飲み続けることで体質が変わっていくように、雑談もやり続けることで、自分の行動や周りの人たちの反応は必ず変わってくる。雑談という時間的にはわずかな行為を、より長い視点で捉え直すことが、「大人の雑談力」を身につけるには必要なのである。

 


<掲載誌紹介>

THE21 2013年6月号

[今月号の読みどころ]
セールス・トークはほとんどせず、雑談だけで契約を獲得してしまう営業マンがいます。また、何気ない会話で相手の人柄や仕事の適性を判断し、適材適所の人材活用をする経営トップもいます。このように、ビジネスシーンにおいても、「雑談」はとても重要な意味を持っています。しかし、その重要性に気づいている人は意外と少ないといえます。今月号の特集では、雑談の重要性を改めて考察するとともに、各界で活躍する方々の独自の雑談テクニックをうかがいました。一読すれば一生役立つビジネススキルになること間違いなしです。

THE21

 

BN

 



THE21 購入

The21

発売日:
価格(税込):円

関連記事

編集部のおすすめ

誰からも信頼される「大人の話し方]の条件とは

『THE21』編集部

[仕事が速い人] “相手の時間軸”を尊重して仕事を組み立てる

能町光香(人材育成コンサルタント)

茂木健一郎「脳の働きを変える一番いい方法は、“感動する”こと」

茂木健一郎(脳科学者)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 一流ビジネスマンが実践している 「大人の雑談力」 3つのポイント