ホーム » 仕事の心得 » 気鋭の経済学者・小幡績が語る「ニッポンのビジネスマン」の未来

気鋭の経済学者・小幡績が語る「ニッポンのビジネスマン」の未来



2013年09月02日 公開

小幡 績(慶應義塾大学ビジネススクール准教授)

 『THE21』2013 年9月号より》   

「先の読めないことをひたすらプランニングするのはアホです」

大学のビジネススクールで教鞭を執りながら、学生の進路指導も行なっている小幡績氏は、いまの若いビジネスマンには「基礎力」と「実践力」が足りないと指摘する。では、先の見えない時代にビジネスマンはどのようにキャリアプランやライフプランを描けばよいのだろ、か。小幡氏に「ニッポンのビジネスマン」がとるべき成長戦略を語ってもらった。

 

「基礎力」は学校で「実践力」は仕事で

「基礎力」と「実践力」が、日本のビジネスマンから、いつの間にか、失われてしまったのではないでしょうか。

 とくに、「基礎力」の衰退は目に余ると思います。

 近ごろは、その「基礎力」のなかでも、国語教育の弱さが目立ちます。乱れた日本語が氾濫しているのが気がかりです。正しい、美しい、日本語を使ってもらいたい。英語も同様です。発音が下手でもいいので、流行の言い回しなどでなく、品のある言葉遣いを心がけるべきでしょう。

 この「基礎力」は、学校以外では身につかないものです。

 職場を離れて勉強をするのなら、基礎力を養ったほうがいい。本や新聞を読み、日本語や英語などの基礎語学力を磨くのがいいでしょう。

 他方、「実践力」は、現場以外では身につかないものです。ロジカルシンキングといった思考法などは、学校ではなく、仕事を通じて学ぶべきだと思います。「いい仕事」をすることで初めて身につく武器になるのです。その意味では、自分の成長が今後見込めないような場合は、転職の大きな理由となります。

 

外資系と日系のどちらを選ぶか?

 私はビジネススクール(経営大学院)で教えており、進路の相談を受けることがよくあります。

 金融業界は依然人気で、外資系の投資銀行に行くか、日系の金融大手に行くか、と悩んでいる学生は少なくありません。華やかなイメージが若い感性に響くのか、外資系の会社の人気は根強いものがあります。高給だという理由もあるでしょう。

 ただ、一概には言えないのですが、現場における実践を通じてビジネスの基礎を学べるのは、日系企業なのではないか、と思います。というのは、社員を「育てよう」という意識を会社が持っているからです。

 とはいえ、日系企業がかつてのような終身雇用制度をとらなくなっているのも事実です。つまり、実践力を養う場は少なくなってきているのです。

 そうであるならば、やはり、「自分が成長できるかどうか」が、進路選びの大きな判断基準になります。

 そこで、ポイントとなるのは、「相手となる顧客と向かい合えるか」でしょう。顔を見て声を聞けることは「相手から学べる機会がある」ということであり、顧客の抱える問題を見つけて分析して解決する力を養えることになるのです。これは、キャリアを築くうえで、あって得はしても損はしないスキルだと思います。

 外資系の会社と日系の会社を比べたとき、その機会がより多いのが、日系の会社なのです。外資系の会社、とくに金融会社は、上司の手伝いといった側面があって、数年間は「顧客から学ぶ機会」はなかなか得られないようです。

 

複線的な人生というもう1つのキャリア

 私は、アドバイスは与えます。でも、決断は自分がするものです。キャリアもそう。自分でデザインしてもらいたい。

 とはいえ、5年先も見えない不透明な時代です。そのようなとき、先の読めないことをひたすらプランニングするのはアホだと思います。どこかの国の成長戦略にも似ています。

 ならば、目の前にある仕事に全力で取り組み、学べるもの吸収できるものを自分の血肉にするのがいいでしょう。

 「基礎力」を学ぶために、学校に戻るのは、一考に値します。

 ただ、40代以降に、会社を辞めて、学校に入り直すことは、相当な覚悟が必要でしょう。逆に、強固な覚悟があるからこそ、成功するとも言えますが。

 なかなか会社を去れない場合は、「複線的な人生」を送ることもいいでしょう。「伏線的」ではありませんよ。(笑)

 会社のキャリアパスを築きつつ、週末に新しい人生の行路を広げるのです。たとえば、週末に趣味に打ち込み、それを副業にして、ゆくゆくは生業にするといった具合です。

次のページ
“金太郎飴”のようなエリートが増えている >



関連記事

編集部のおすすめ

打たれ弱い部下を活かす技術 ~「上から目線」に注意!

小倉 広 (組織人事コンサルタント、心理カウンセラー)

真の「グローバル化」とは何か?―「世界で戦える人材」を育てるために

渥美育子(株式会社グローバル教育社長)

結果を出す上司は「残業が悪」だと知っている

佐々木常夫(東レ経営研究所特別顧問)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 仕事の心得 » 気鋭の経済学者・小幡績が語る「ニッポンのビジネスマン」の未来

×