ホーム » 生活・健康 » たった5分間で20分の運動に相当? 脳を刺激する「グリーンエクササイズ」

たった5分間で20分の運動に相当? 脳を刺激する「グリーンエクササイズ」

2018年06月21日 公開

メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGo

 

運動は脳そのものを強化する

集中力を高める方法のなかで、私が最近もっとも興味を惹かれ、積極的に実践しているのが「運動」です。

デスクワーク中は15分に1回ほど立ち上がったほうがいいのです。
人は15分以上座っていると、認知能力も集中力も低下して作業効率が落ちていくからです。つまり、体を動かすことが、集中力を高めることにつながるのです。

ジョージア大学で行われた運動と脳の研究によると、20分の軽い運動をした後の3~4時間は認知能力、集中力や考察力が高まることがわかっています。

運動によって脳の血流が改善され、意欲、学習などにかかわるドーパミンを放出。集中力を持続させるだけでなく、集中力の源である「ウィルパワー」の回復にも運動は役立ちます。

ストレッチ、体操などの軽い運動、歩きながら立ちながらの作業によっても集中力が高まるのです。

加えて、運動する習慣には脳そのものを強化し、疲れにくくする働きもあります。
たとえば、UCLAの研究チームは、「運動習慣が脳の成長因子を増やし、加齢とともに減少するニューロンの増加をもたらし、脳の働きそのものや脳容積を維持・改善する効果がある」と発表しています。

もし、私が自由にオフィスを設計できるなら、会議室などと一緒にトレーニングルームも併設し、出勤後の20分や昼休みの20分にランニングや筋トレを行う習慣を提案したいほどです。

「ひと汗かいて気持ちがいい」というのは気のせいではなく、運動には人の感情をポジティブにする働きもあるのです。慢性的なストレスの影響を長期的に緩和してくれ、血糖値が安定することで精神も安定します。

ミスをして「もう自分はダメだ」と落ち込んだとき、なんだかやる気が出ないとき、少し疲れたなと感じたとき、とりあえず黙って20分くらい体を動かしてみる。軽い運動は、問題を解決に導く「エンジン」となります。

私は以前、「出張で地方に行って体がきついから、今日はジムを入れないようにしようかな」などと考えていましたが、いまでは逆です。

むしろ移動時間が長いとき、疲れる仕事があるときほど朝ジムに行きます。仕事が早く終わりますし、頭も心もすっきりした気持ちになります。

(次ページ:たった5分で20分の運動と同等の効能)

次のページ
たった5分で20分の運動と同等の効能 >



関連記事

編集部のおすすめ

集中力は決断するたびに消耗するーメンタリストDaiGoが語る集中力の持続法

メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGoが教える小刻み集中法!仕事や勉強は切りの“悪い”ところでやめる

メンタリストDaiGo

メンタリスト DaiGoが教える!「好きなこと」をマネタイズするには?

『「好き」を「お金」に変える心理学』より
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » たった5分間で20分の運動に相当? 脳を刺激する「グリーンエクササイズ」