ホーム » 経営・リーダー » “ヤンキー”だらけの職場が大変身 新卒1万7千人の応募が殺到する老舗 「くず餅屋」

“ヤンキー”だらけの職場が大変身 新卒1万7千人の応募が殺到する老舗 「くず餅屋」

2019年05月28日 公開

渡辺雅司(船橋屋 代表取締役八代目当主)

渡辺雅司(船橋屋 代表取締役八代目当主)

「船橋屋」を知っているだろうか。東京・亀戸に創業1805年の歴史を持つ和菓子屋で、看板メニューの「くず餅」は、芥川龍之介や永井荷風、西郷隆盛などに愛されてきた。まさに「老舗」の企業が、いま若者から注目を集めている。その理由が、“若手を主役”、“イノベーション”などまるでベンチャー企業のようなカルチャーが浸透していること。毎年、数名の採用枠に17000人が応募する人気企業となった。

本稿では、8代目当主を務める渡辺雅司社長の新著『Being Management 「リーダー」をやめると、うまくいく。』から、船橋屋の過去から今までの変遷をご紹介していく。(写真提供:株式会社船橋屋)

 

2日しかもたない「生もの」を200年売り続けてきた企業

船橋屋のくず餅

「船橋屋」は、江戸時代の文化二年(1805年)から東京下町・亀戸天神境内で「くず餅」を作ってきました。有り体な言い方をすれば、「老舗和菓子屋」です。

亀戸で200年以上、変わらぬ味で商いをしてきましたので、東京やその近郊の方たちからは、「子供の時から食べています」「祖母が大好きでした」など、ありがたいお言葉をかけていただいています。

その一方で、それ以外の地域にお住まいの方たちからすれば、「船橋屋」と聞いてもピンとこず、いったい何を売っているのかさえもご存じないという方がほとんどです。

なぜかというと、私たちの「くず餅」は、他に似たものがまったくない唯一無二の和菓子なので、イメージを抱きにくいからです。

くず餅と言うと、「ああ、関西でよく見かける」と返されますが、じつは私たちの「くず餅」は、関西に多い「葛餅」とはまったく異なる製法で作られた食品です。

「くず餅」は小麦粉からグルテンを取り除いたでんぷんを、木樽で450日もの間、自然発酵・熟成した、「和菓子で唯一の発酵食品」であり、出来上がった「くず餅」は常温で2日しか日持ちしません。現在は通販で遠方の方もお買い求めいただけるようになりましたが、それまでは東京近郊の方たちしかべることができない「生もの」でした。

次のページ
「カンブリア宮殿」が取り上げた「幸せの経営術」 >



関連記事

編集部のおすすめ

アルバイト求人は「張り紙」が最も有効である理由 応募が殺到する店舗の"神メソッド"

平賀充記(ひらがあつのり:ツナグ働き方研究所所長)

加速するGAFAへの人材流出 「日本型雇用」が“日本人から”憎まれている現実

橘玲(たちばなあきら:作家)

ゆとり世代社員最強説 30代以上は置き去りにされる

成毛眞(なるけ・まこと)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー » “ヤンキー”だらけの職場が大変身 新卒1万7千人の応募が殺到する老舗 「くず餅屋」

×