ホーム » 社会 » 「日本3大スパイ組織」内閣情報調査室、公安警察、公安調査庁のライバル争い

「日本3大スパイ組織」内閣情報調査室、公安警察、公安調査庁のライバル争い

2019年06月27日 公開

今井良(元民放テレビ局警視庁キャップ)

 

内調、公安警察、公安調査庁で「競合」するスパイ活動

内調と公安警察、公安調査庁は、それぞれの機関に国内外のスパイ活動を担当する部署があるため、活動の領域が「競合」します。

例えば、内閣情報調査室では、国際部門が海外のスパイ活動につながるすべての情報収集・分析、つまりカウンターインテリジェンスを担当していますが、公安警察や公安調査庁にも同様の部署があります。

公安警察には、外国によるスパイ行為防止の任務を担う「外事警察」があります。警視庁の組織を例に挙げると、公安部外事一課・外事二課・外事三課が国別に分かれて、防諜活動を行っています。

さらに、公安調査庁でも、調査第二部が海外のスパイ活動に関する情報収集を担当しています。第一担当から第四担当まで国別に分かれて、情報収集を行います。公安調査官のスパイ活動は、追尾や監視などは行いますが、公安警察が行うような強制力が伴う通信傍受はできません。

したがって、人から得る情報「ヒューミント(ヒューマンインテリジェンス)」が主流となります。この点は、内調の国際部門のスパイたちも同じです。

整理すると、以下のようになります。

【内閣情報調査室】
【国内部門】 公安警察の公安一・二・三課、公安調査庁の調査第一部と競合
【国際部門】 外事警察、公安調査庁の調査委二部と競合

日本の3つの情報機関は、まさに三つ巴でスパイ活動を展開しているのです。

 

現場での激しい攻防 内調スパイVS.公安警察官・公安調査官

そのため、内調のスパイ活動の現場では、時に公安警察官や公安調査官との激しい衝突が繰り広げられています。

例えば、公安警察官が内調スパイを尾行するよう指示を受けることは珍しくないと言います。理由は明らかではありませんが、公安捜査関係者によれば「対立する機関の追っかけ(追尾)をやることはよくある」らしいのです。

また、調査対象だった極左暴力集団などの衰退を受けて、「政治への接近」を組織命題として進めてきた公安調査庁では、内調との競合領域が増えてきています。事情を知る内調関係者によれば、政治関係者からの情報収集の現場で、内調スパイと公安調査官による協力者の奪い合い、相互の中傷が勃発しているといいます。

ある内調関係者はこう語ります。

「同じ協力者をめぐり、対立する公安調査庁の調査官のことをあえて報道関係者にリークしたことがある。マスコミに知れ渡ることだけでその調査官を放逐することができる。逆に同じことをされた同僚もいた」

時に稚拙に見える、こうした行動を取ってしまうほど、情報を得ることに関してはお互いに譲れない部分がある3つの情報機関。その覇権争いトップに立つ内閣情報調査室が、日本の情報機関の未来の一角を成すことは間違いないでしょう。



関連記事

編集部のおすすめ

「官邸直轄のスパイ機関」内閣情報調査室の“狭き門”

今井良(元民放テレビ局警視庁キャップ)

一般人の情報も盗られる?スノーデン氏が危惧した「ファイブアイズ」とは何か

小谷賢(日本大学危機管理学部教授)

実は"識字率"が低下している? フェイクニュースを見抜けない日本人

一田和樹(作家、元IT企業役員)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 「日本3大スパイ組織」内閣情報調査室、公安警察、公安調査庁のライバル争い