ホーム » 生き方 » 「あかちゃんの発達心理学」にハマった女性が楽しむ“おもちゃ人生”

「あかちゃんの発達心理学」にハマった女性が楽しむ“おもちゃ人生”

2019年12月19日 公開

石川美和子(株式会社ダッドウェイ)

石川美和子(株式会社ダッドウェイ)

アメリカ生まれのトイブランド「Sassy(サッシー)」をご存知だろうか? 1981年創業で、あかちゃんの発達をうながす知育おもちゃを世界45カ国で展開する企業である。

近年注目されているのが、このSassyが2016年より日本のみで展開し、全国のママから熱い支持を得ている「Sassyのあかちゃん絵本」。この共著者にあたる“Sassyの中の人”として活躍するのが、株式会社ダッドウェイの広報、石川美和子さんである。

そんな石川さんは、もともと、あかちゃんとは無縁のマスコミで活躍していたのだそう。それがなぜ、トイメーカーで絵本作りに携わることになったのだろうか? そこには「発達心理学の面白さ」があったという。

 

マスコミ業界から保育士への転職

現在私が在籍しているのは、Sassyの日本における正規代理店、株式会社ダッドウェイは育児用品を多くの輸入販売している企業。ですが、私自身はもともと、あかちゃんや育児まわりのお仕事を目指していたわけではありませんでした。

大学で音楽を学び、卒業後は新聞社に就職して、広告や広報の仕事に携わったものの、大学時代に取得した音楽の教員免許を生かしたいと、保育士を育成する専門学校に転職したのが、「あかちゃんの世界」と私の関わりのスタートでした。

といっても、あかちゃんそのものとの関わりではなく、保育園や幼稚園の先生をめざす人に歌やピアノを教える仕事です。

そのとき、やはり私自身ももう少し保育のことを知った方がいいなと思って、保育士の勉強をはじめ、あらためて保育士免許を取ったんです。

中でも、私が特に面白く興味を惹かれたのが、発達心理の分野でした。

例えば、あかちゃんは、生まれたときから「顔」が大好きで、生後数時間で「笑顔」を注視するとわかっています。

数ある哺乳類の中で、生まれて数時間後に自分で立つことを覚えて、お母さんのおっぱいを飲むことのできる馬など、他の動物に比べ、お母さんのお腹から生まれてきてばかりのあかちゃんは、1人では立つことも、食べることもできない存在として、自分を守ってくれる人を見るように、ちゃんとプログラミングされているんです。

お母さんやお父さんの顔を見つめるというコミュニケーションから愛着が形成され、最初はぼんやりと白黒の世界にしか見えなかったところから、だんだん色が見え……、輪郭も少しずつはっきりしてきます。

あかちゃんの発達心理学は、知れば知るほどおもしろい分野で、どんどん興味が深まっていきました。

次のページ
たったひとつの「おもちゃ」との運命的な出会い >



関連記事

編集部のおすすめ

子どものための発達トレーニングに取り組む養育者のかたへ

岡田尊司(精神科医)

夫が脳梗塞で倒れて始まった苦境…妻を支え続けた「片づけ」の力

杉田明子(収納デザイナー)

子育てで初めて自分の発達障害に気づく母親たち

PHPファミリー
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「あかちゃんの発達心理学」にハマった女性が楽しむ“おもちゃ人生”