ホーム » 趣味・教養 » 幼少期の英語教育は悪影響? 迷う親が見落としている「子どもの言語能力」のすごさ

幼少期の英語教育は悪影響? 迷う親が見落としている「子どもの言語能力」のすごさ



2020年03月05日 公開

船津洋(児童英語研究所代表取締役所長)

 

日本でネイティブレベルの英語力を身につけるには?

たとえ海外暮らしをしなくても、日本にいながらネイティブのような英語力を身につけることは可能です。

正しい方法で吸収力のある幼少期に英語を身につけてきた子どもの中には、幼稚園のうちに「英検準2級」レベルをクリアする子もいます。これは、同年代のネイティブの英語話者よりはるかに優れた英語力です。

ネイティブより優れた英語力。幼児期の英語教育の威力はスゴいのです。

日本で英語を身につける際に、幼児でも大人でも大事なポイントとなるのは、とにかく最初の「大量インプット」です。

「リスニングで英語音声の大量入力」をし、「英語をある程度聞いて理解できる」ようになった後に、「リーディングで英語の読解力」を育てます。

この順番が非常に大切です。

考えてみると、従来の日本の英語教育は「大量の入力」を行わず、しかも本来英語を使いこなすには必要度が低い文法や和訳の学習に費やされていました。そのために、「中学・高校と6年間も英語を学んだのに、まったく身についていない」という人も多いのではないでしょうか。

さらに最近では、文法教育偏重への反省からか、ただでさえ「インプット」が少ないところに英会話という「アウトプット」の要素まで入ってくるのです。それも30人いる生徒1人ひとりに先生が割ける時間を考えれば、ほとんど「インプット」にはつながっていないことは自明でしょう。

いかに日本では、英語の「インプット」という考え方が欠けているかがわかると思います。

年齢ごとに適したインプット方法などについては拙著『10万組の親子が学んだ 子どもの英語「超効率」勉強法』にもまとめていますので、興味のあるかたはぜひ参考になさってください。

最後に、「小さいころに無理に勉強させるのはかわいそう」なのかどうかについても言及しておきましょう。

私たちは、「無理に勉強して」日本語を覚えたでしょうか? 日常的に交わされる会話などを聞いて覚え、自然に理解してきたのではないでしょうか。

英語もこれと同じで、幼少期であれば本人の意思や努力は必要なく、英語のかけ流しや暗唱などで自然に身につけることができます。小さければ小さいほど、苦労をせずに外国語を身につけることができるのです。

幼児期は、非常に優れた「言語獲得能力」を持っています。この黄金期を逃す手はありません。ぜひ、正しい英語の早期教育の機会をみなさんのお子さんにも与えてあげてください。



関連記事

編集部のおすすめ

英語の幼児教育は両刃の剣? カリスマ講師が考える最適年齢とは

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)

「英語が得意な子」の親が家庭でしていること

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)

「算数ができる子」の親の共通点とは

大迫ちあき(M&C Study room主宰)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » 幼少期の英語教育は悪影響? 迷う親が見落としている「子どもの言語能力」のすごさ

×