ホーム » 趣味・教養 » 「英語が苦手な親」が「英語が得意な子」を育てるために知っておくべきこと

「英語が苦手な親」が「英語が得意な子」を育てるために知っておくべきこと



2020年03月06日 公開

船津洋(児童英語研究所代表取締役所長)

 

インプットにおけるNGな行為は?

音声の入力に関して、3つの注意点を述べておきます。

第一に、反応を求めないことです。英語の音声を子どもが喜んで聞くことはまれです。あくまでBGMとしてかけ流すことで、英語を単語単位で聞き取る「リズム回路」を身につけさせるのが目的です。子どもが喜ぶことが目的ではないので、気をつけましょう。

第二に、学習効果を求める余り、 子どもにリピートさせる親御さんもいますが、これもよくありません。繰り返しますが、「入力」されればよいので、この段階で「出力」する必要はないのです。

もちろん、子どもが聞いた内容を自然と口にするのは構いませんが、リピートなど出力させることによって、自然な獲得ではなく「お勉強」という意識が働いてしまうことになりかねません。また、母親の間違った英語音声が入力されてしまう可能性も考えられます。

最後に、これは重要ですが、日本語を入れないことです。たとえば、'strawberry'という音声を、まずはかけ流しで入力します。あとはフラッシュカードで 'いちご'の絵を見せれば、それで、'strawberry'の「語彙化」は完了です。これ以上は何も必要ありません。

しかし、間接法的な学校教育に慣れきってしまっている大人の感覚だと、どうしても「'strawberry'はいちごよ」と日本語を添えたくなってしまうのです。

赤い三角錐状の果物の絵に 'strawberry'という音が対応するのが英語の回路です。そこに日本語が入る余地など本来ないのです。「英語は英語で」という「直接法」の入力が望ましいので、日本語を差し込むのは控えることにしましょう。

ちなみに、子どもから「どういう意味?」と聞かれても「さぁ」と答えておけば結構です。「ママにはよくわからない。どういう意味だろうねぇ」と答えておくことで、英単語を一度和訳するのでは無く、日本語と同じように直感的に「語彙化」させることがと答えておくことで、母語と同じように英単語を自然と「語彙化」させることが可能となります。

また、日本語の発達を促す「日本語の入力」のためにも、両親もしくは片方の親は日本語で話しかけるのがいいでしょう。しっかりと日本語教育を行い、その上で英語教育を行うことでバランスの良いバイリンガルに育ちます。

このほか、小学校の低学年、小学校の中高学年、中学生以降と、それぞれの年齢に適した入力の方法などは拙著にまとめています。

アウトプットを求めていきなり英会話スクールなどに通うのではなく、まずは家庭で贅沢な英語のシャワーを浴びさせ、良質で大量のインプットを与えてあげてください。



関連記事

編集部のおすすめ

幼少期の英語教育は悪影響? 迷う親が見落としている「子どもの言語能力」のすごさ

船津洋(児童英語研究所代表取締役所長)

英語の幼児教育は両刃の剣? カリスマ講師が考える最適年齢とは

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)

親が教える! 子どもが"英語好き"になる3つのお話

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » 「英語が苦手な親」が「英語が得意な子」を育てるために知っておくべきこと