ホーム » 生き方 » 開成高校・元校長「ゲーム好きな子どもは将来有望」「ゲームはうんとやれ」

開成高校・元校長「ゲーム好きな子どもは将来有望」「ゲームはうんとやれ」



2020年11月21日 公開

柳沢幸雄(北鎌倉女子学園園長)

 

ゲーム好きの子が「ゲームから学んでいること」

「勉強しなきゃダメよ!」「勉強しなさい!」

やるべき勉強になかなか手が付けられず、忙しい日々を送るわが子に向かって親はつい言いたくなってしまいます。

しかしこれは思春期の子どもの反感を買ってしまうだけで、まったくいい結果になりません。

私は部活や行事をはじめ、自分の好きなことを子どもたちは大いにやった方がいいと思います。これは以前校長を務めていた開成高校でも、今の北鎌倉女子学園でも変わらず子どもたちに伝えています。

ただ、勉強をしなくてもいい、というわけではありません。子どもたちにはメリハリをつけて時間を上手に使う方法を学んでほしいのです。

ハーバードの学生は、週に60時間くらいの勉強時間を強いられます。

しかし、60時間机の前に座っているわけではありません。

ジョギングや登校中にレポートの構想を練ったり、その日の発表のしかたを考えたりするのです。

私もかつてはバスタブにつかりながら、電車に乗りながらなど時間を二重三重に使って、忙しい日々の中で勉強時間を確保しました。

これらの時間の使い方はゲームをしながらでも同じことです。

ゲームは遊びながらストーリーに合わせて新しい知識を得るツールとして使えます。

子どもたちは日常の中で、オンラインゲームやYouTubeといったものには慣れていますから、意外にイケる、と感じるのではないでしょうか。

また、私はゲーム力を高めることも時間の使い方の一つだと思います。

「ここまでクリア」「そのためにはどんな戦略を立てるか」

攻略法を調べたり、自分の成功と失敗を分析しながら思い切り何かに没頭する体験をすることはよいことです。

子どもにとって没頭することがゲームだっていいわけです。

これまでより仕事時間が減って、家にいる時間が長ければ、1時間でも時間を作って親子で一緒に真剣にゲームを楽しんでみるのもよいでしょう。

 



関連記事

編集部のおすすめ

予備校講師が見つけた、東大&医学部の合格者に共通する「本の読み方」

犬塚壮志(士教育代表取締役)

現役東大生が明かした「受験勉強に”超役立つ”スマホの使い方」

西岡壱誠(東京大学4年生)

両親の不仲、いじめ、貧困…心を閉ざした子どもに希望を与えた「受験勉強」

古宮昇(心理学博士)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 開成高校・元校長「ゲーム好きな子どもは将来有望」「ゲームはうんとやれ」

×