PHPオンライン衆知 » 生き方 » 親なら心得ておきたい、子どもの“脳”が育つ「甘えさせ方」

親なら心得ておきたい、子どもの“脳”が育つ「甘えさせ方」

2021年09月03日 公開

成田奈緒子(文教大学教授、小児科医)

 

ちゃんと「甘えられた子」の脳は育つ

子どもの「甘え」をしっかり受けとめることで、3つの脳がしっかり育ちます。

〈からだ脳が育つ!〉脳に規則正しい生活リズムがインプットされる

幼児期は「眠い」「食べたい」などの生理的な欲求をそのまま出すことで、子どもは全力で甘えます。「甘え」をきちんと大人に受けとめてもらい、タイミングよく欲求を満たされていると、「寝る」「起きる」「食べる」といった生活リズムが脳に刻まれます。また、喜怒哀楽をストレートに出し、甘える子どもをありのまま受けとめることで、親に対する愛着が形成されます。

〈おりこうさん脳が育つ!〉新しく得た知識、情報が脳に蓄積される

子どもの好奇心からくる要求、たとえば「○○したい!」「△△を見た い!」などを聞き入れ、甘えさせてもらった脳では、知識や情報が次々と 蓄積されて、さらなる学習への意欲が高まります。毎日たくさん新しいこ とを学び、それを十分な睡眠でしっかりとした神経回路網として脳に定着させれば、かしこい脳に育ちます。

〈こころの脳が育つ!〉論理思考を担う前頭葉がしっかり育つ

10歳頃からは、友人関係もやや複雑になってきて、本音は家族の前でしか言えなくなってきます。「今日、学校に行きたくないなあ」と弱音を吐くとき、子どもは行かなくてはいけないことは百も承知で甘えているのです。こういうときには突き放さず、「そうなんだ、行きたくないんだ」と まずは共感し、さりげなくスキンシップを取って安心させましょう。認めて受けとめられることで、じっくり考える余地が生まれ、論理思考の前頭葉が育ちます。

 

「甘えられなかった子」の脳は育たない

甘えられなかった子の脳は育たず、生きていくために必要な力を伸ばせなくなります。

〈からだ脳が育たない!〉生活リズムが乱れやすく、不安が強い脳に

子どもの「眠い」「食べたい」「いやだ!」「○○したい!」という要求をしっかり受けとめ甘えさせないと、5歳頃までに作られる「からだ脳」がきちんと育ちません。睡眠や食欲のリズムが整わないだけではなく、親に 受け入れられたという実感が得られず自信が育たないので、不安が強い脳になります。

〈おりこうさん脳が育たない!〉学習に必要な好奇心や探求心が育たなくなる

小さい頃から習い事などでたくさんの知識を投入し続けていても、それが 「自発的」な子どもの好奇心から取り入れたものでなければ、「おりこうさん脳」の育ちにはあまり効果がありません。たとえば、成長にともない「やっぱりピアノより和太鼓を習いたい!」と子どもの興味関心が変わったときに、「簡単にやめるなんてダメ!」と甘えさせない関わりばかりだと、子どもは次第に自分の探求心を引っ込めてしまいます。

〈こころの脳が育たない!〉前頭葉が育たず、自分で考えられない子になる

せっかく自分で考えたことを言葉にしても、頭ごなしに否定され甘えさせてもらえないことが繰り返されると、子どもは考えるのをやめます。そして、親の言う通りになんでも行動するようになります。親にとっては育て やすく都合がいいかもしれませんが、これは「こころの脳」、すなわち前頭葉が育っていない状態です。

次のページ
脳をしっかり育てるために、こんなふうに「甘え」を受けとめよう >

関連記事

編集部のおすすめ

開成の校長先生が語った「将来のリーダーになる子」の資質

柳沢幸雄(北鎌倉女子学園園長)

子どもへの「早く起きなさい!」の言葉が危うい理由

水野達朗(大東市教育委員会教育長),山下真理子(家庭教育アドバイザー)

英語の幼児教育は両刃の剣? カリスマ講師が考える最適年齢とは

関正生 (「スタディサプリ」人気NO.1講師)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 親なら心得ておきたい、子どもの“脳”が育つ「甘えさせ方」

×