PHPオンライン衆知 » 生き方 » 「応援しづらい子どもの夢」親は反対すべき?

「応援しづらい子どもの夢」親は反対すべき?

2022年02月21日 公開

玉居子泰子(たまいこ・やすこ)

玉居子泰子著『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』(
(C) くぼあやこ

「子どもには自由に生きてほしい」と願う一方、親として反対したくなるような夢だったら、どうしますか?

親も子も安心して気持ちを話せる場「かぞくかいぎ」を通して、子どもと将来の夢を話し合い続けたという家族の実例を紹介します。

※本稿は、玉居子泰子著『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』(白夜書房)を一部抜粋・再編集したものです。

※いわゆる、会社で行なわれているような一般的な会議は「会議」と表記し、家族がフラットに意見を交わし合うことは「かぞくかいぎ」「かいぎ」と表記しています。

 

小さな夢を繰り返し問いかける

ワカイ一家はハワイ在住。父親のグレンさんは日系アメリカ人として育ち、現在はハワイ州の上院議員をしています。母親のミキさんは日本で生まれ育ち、15歳で単身、ハワイへ。ビジネスコンサルティング業を自営し、十数年前にグレンさんと出会い、子連れ結婚をしました。

娘、シエラさんは現在22歳。カリフォルニアの大学を卒業し、現在はハワイに戻って来ています。

ワカイ家のかぞくかいぎは、娘さんが3歳の頃から始まりました。

テーマは、「大きくなったら何になりたい?」

まず小さな夢を聞き、その夢を実現するために何ができるか繰り返し問いかけていたそうです。

 

娘の夢は「スパイ」

小学校高学年になった頃、シエラさんはかぞくかいぎで、将来の夢を「CIAに入ること」と設定しました。CIA、米国中央情報局です。

「そのために大学院にも行きたいし、外国語を複数勉強する」
「目指す大学や高校に入れるように、小学校からオールAの成績を取る」

と、次々と目標を設定していく娘さん。

実際、学校でも今まで以上に熱心に勉強や運動に取り組みました。

両親はそんな娘さんの姿に誇りを感じながらも、CIAと言う夢には、正直、戸惑いを抱いたと言います。

「え、スパイ? って、思いましたよ。危険だし……心配ですよね」と、ミキさんは当時を思い出して笑います。

スパイを目指す理由は「いろいろな国に行けて、みんなが知らないことを知れるから」というもの。親からすれば、「それ、スパイじゃなくてもできるでしょ……」と言いたくなりそうです。

しかし二人は、わが子の夢を決して否定しない、と決めていました。

 

子どもが夢中なときの親のNG行動

「親がすべきことは、子どもの道を決めることじゃなく、子どもが決めたゴールを全力でサポートすること」とグレンさん。

その言葉の通り、グレンさんはワシントンD.C.に出張に行くたびに国際スパイ博物館で頼まれた資料を買って帰り、中学生になった娘さんを連れて、CIAの講習会に一緒に参加するなど、全面的に応援する姿勢をとっていました。

「子どもがのめり込んでいるときに、反対するのは逆効果だから」です。

次のページ
親の経験から何を伝える? >

関連記事

編集部のおすすめ

国民的俳優の母が語る、子どもの「才能の芽」をつぶさない親の態度

菅生好身(一般社団法人ライフバランス協会代表理事)

子どもの学力を左右してしまう、親の経済力とは別の「重要な要素」

中野信子(脳科学者)、鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「応援しづらい子どもの夢」親は反対すべき?

×