PHPオンライン衆知 » 生き方 » 「思いやりの心は3歳で現れる」子どもの優しさを育む共感テクニック

「思いやりの心は3歳で現れる」子どもの優しさを育む共感テクニック

2022年06月10日 公開

堀田秀吾(明治大学教授、言語学博士)

子どもの共感力を育てる

兄弟を叩いたり、友達とケンカをしてしまったり...子どもによくあることとは言え、親は心配してしまいます。他者にやさしい心を持ち、共感力のある子に育てるためには、どういった声かけをしたらよいのでしょうか。言語学博士の堀田秀吾さんにオススメのフレーズをご紹介いただきました。

※本稿は、子どもの声かけ検討委員会(著)、堀田秀吾(監修)『子どもがやる気になる!「親のひとこと」言い換え辞典』(三笠書房)より、内容を一部抜粋・編集したものです。

 

お悩み1. ケンカして、兄弟を叩く

子どもの小さなケンカは日々起こることですが、暴力はちょっと見逃せません。親もカッとしやすい場面、どう対処しましょうか。

【言いがちフレーズ】
いいかげんにしなさい!

【おすすめフレーズ】
叩いたらお兄ちゃん、痛いよ。ソウタだっていい気持ちにならないでしょ?

ソウタくんはお兄ちゃんと3歳違いの弟です。いつもお兄ちゃんに何かとやり込められています。いつもの通り、お兄ちゃんがちょっかいを出してきました。ソウタくん、今日はやられまいと思いっきりお兄ちゃんを叩きました。

「ソウタ! だめでしょ!」
ママは怒ります。
「そうだぞ、暴力はいけないんだぞ」
お兄ちゃんは得意満面。
ソウタくんは泣きながら、叩くのをやめません。

 

<解決策>「叩かれたら相手も痛い」ことを教える

叩く以外にも、噛むなどして誰かに攻撃をしやすい子どもはいます。不満や怒りをうまく言葉で表現できないため、他者への攻撃という形で表れてしまうからです。

ケンカは、他人とどう関わっていくかを学ぶための貴重な機会という一面があります。とはいえ、親としては、ケンカをしないで解決する方法を身につけさせることも大切です。

そこでカギになるのが「相手に共感し、思いやる気持ち」です。こうした気持ちは、1~3歳で表れ始めます。ですから、子どもが相手を叩こうとした時、「叩かれたら相手も痛いよ」などと言ってあげると効果的です。

暴力はいけないことを伝え、不満や怒りの感情を言葉にする練習をしましょう。子どもがうまく言葉にできない場合、親が「怒っているの?」「やめてほしいの?」などと子どもの気持ちを想像して言ってあげてください。子どもが客観的に考えるきっかけとなり、怒りをある程度抑えることができます。

また、怒りを抑えるしぐさを普段から練習しておくといいでしょう。怒りそうになったら、左手をぎゅっと握って「怒らない、怒らない」と心の中で10回つぶやくなどは効果的です。左拳を握ると、感情のブレーキの働きをする右脳が活性化するからです。

 

感情を表す言葉を差し出してあげる

子どもは怒っていると、感情をうまく言葉にできません。特に、男の子は女の子よりも口がうまくないので手が出やすい。

親から「こうなのかな?」と感情を表す言葉を差し出してくれると、子どもは落ち着きます。暴力はよくないということは、その後できちんと伝えるといいみたい。

ジャッジするのは一番よくないし、兄弟だからといってどちらかを叱ることはしたくない。なるべく公平にしています。子どもが気持ちを言葉にできたら、親が代理して兄弟に伝えてあげるといいかも。

【もっとやる気にさせる応用フレーズ】
・叩く前にパパかママに何が嫌か言ってごらん
・パパかママが話聞くよ。ゆっくり教えて

次のページ
お悩み2. 友達にマネされて怒る >

関連記事

編集部のおすすめ

娘の悲劇的な“汚部屋”を片付けたら、人生が変わったパパの話

大村信夫(片付けパパ)

「参考書片手に弟を寝かしつけ」 母が振り返る、菅田将暉の長男としての顔

菅生好身(一般社団法人ライフバランス協会代表理事)

しつけはいつから必要? 研究で明らかになった「乳幼児の脳」との関係

養老孟司(東京大学名誉教授)、小泉英明(日立製作所名誉フェロー)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「思いやりの心は3歳で現れる」子どもの優しさを育む共感テクニック

×