PHPオンライン衆知 » 経営・リーダー

経営・リーダー

2021年02月09日

入社から時が流れ、気付けば50代。これまで仕事に邁進してきた50代ほど、人生を振り返ったことがない。これからのキャリアを考える上で戦略を変える必要があると、佐々木常夫氏は説く。

2021年02月07日

デジタルグリッド「買い手にとって安く、売り手にとって高い再エネを実現」

【経営トップに聞く 第44回】豊田祐介(デジタルグリッド社長)

デジタルグリッド「買い手にとって安く、売り手にとって高い再エネを実現」

【経営トップに聞く 第44回】豊田祐介(デジタルグリッド社長)

「再エネは不安定だし、高い」というイメージを持っている人も多い。そんな中、再エネの普及に向けて、これまでになかったサービスを2020年2月に始めたデジタルグリッドの社長・豊田祐介氏に話を聞いた。

2021年02月02日

SDGsの広まりとともに、企業のあり方に早急な変化が求められている。「どれだけ稼ぐか」から「どのように稼ぐか」が重要になる時代に、企業が取り残されないためのポイントCSRエバンジェリストの泉貴嗣氏に伺った。

2021年01月28日

SDGsの広まりとともに、企業のあり方に早急な変化が求められている。SDGs対応をアピールしても実態が伴っていない、「SDGsウォッシュ」の見極め方についてCSRエバンジェリストの泉貴嗣氏に伺った。

2021年01月21日

はるやまホールディングス「我々は『スーツ屋』ではなく『ビジネスウェア屋』」

【経営トップに聞く 第43回】治山正史(はるやまホールディングス代表取締役社長)

はるやまホールディングス「我々は『スーツ屋』ではなく『ビジネスウェア屋』」

【経営トップに聞く 第43回】治山正史(はるやまホールディングス代表取締役社長)

紳士服大手・はるやまホールディングスの社長を務める治山正史氏が、2020年10月、『きちんと楽ちん「テレウェア」』という著書を出版した。その意図や、コロナ禍への対応についてなど、話を聞いた。

2021年01月20日

「人がすぐ辞める」チームの“リーダー”に決定的に足りないもの

船坂光弘(ホスピタリティ・コンサルタント)

「人がすぐ辞める」チームの“リーダー”に決定的に足りないもの

船坂光弘(ホスピタリティ・コンサルタント)

人がすぐに辞めてしまう職場と、辞めずに定着する職場。その違いは、リーダーが「あること」をしているかいないかどうかの差だという。

2021年01月19日

「言われたことしかやらない部下」を生んでしまう“上司の口ぐせ”

船坂光弘(ホスピタリティ・コンサルタント)

「言われたことしかやらない部下」を生んでしまう“上司の口ぐせ”

船坂光弘(ホスピタリティ・コンサルタント)

今の時代、強いだけでは部下はついてこない。でも、優しいだけではナメられる……。では、「できるリーダー」はどうしているのか?

2021年01月10日

お茶と海苔を商う老舗企業、山本山の代表取締役社長である山本嘉一郎氏に、日々目まぐるしく変化するビジネスの世界で戦い続けるための考え方を聞いた。

2021年01月07日

Cake.jp「ケーキは『食べる前に解凍』が美味しいことを知ってほしい」

【経営トップに聞く 第42回】高橋優貴(Cake.jp代表取締役社長)

Cake.jp「ケーキは『食べる前に解凍』が美味しいことを知ってほしい」

【経営トップに聞く 第42回】高橋優貴(Cake.jp代表取締役社長)

ケーキは街のお店に買いに行くもの。通販が発達した今でも、そう思っている人が多いだろう。しかし、自宅にケーキが届く通販で急成長しているベンチャー企業がある。Cake.jpだ。創業社長の高橋優貴氏に、成長の理由を聞いた。

2021年01月02日

開成の元校長が明かした「我が家の英語教育」

柳沢幸雄(北鎌倉女子学園園長)

開成の元校長が明かした「我が家の英語教育」

柳沢幸雄(北鎌倉女子学園園長)

2020年3月まで開成中学・高校の校長を務めてきた柳沢幸雄氏。「英語のスピーキング力は日常に不可欠になってきた」と、英語学習の必要性について語る。その理由とおすすめの勉強法について紹介する。

2020年12月25日

オプトデジタル「LINEとのパートナーシップを強みに日本企業のDXを進める」

【経営トップに聞く 第41回】野呂健太(オプトデジタル代表取締役)

オプトデジタル「LINEとのパートナーシップを強みに日本企業のDXを進める」

【経営トップに聞く 第41回】野呂健太(オプトデジタル代表取締役)

2020年4月に新たに設立されたオプトデジタルの代表取締役に就任した野呂健太氏に、同社の強みや展望を聞く。

2020年12月16日

日本が「科学技術立国」として甦るためにすべきこと

安宅和人(慶應義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

日本が「科学技術立国」として甦るためにすべきこと

安宅和人(慶應義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

「科学技術立国」と謳われた日本だが、今では中国やインドに後れを取っている――。産官学のストラテジストが、我が国が甦るための策を語る。

2020年12月14日

「マイナンバーカードを全国民へ」行政サービスのデジタル化に必要な官民連携

安宅和人(慶應義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

「マイナンバーカードを全国民へ」行政サービスのデジタル化に必要な官民連携

安宅和人(慶應義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

慶応義塾大学環境情報学部教授でヤフー株式会社CSOの安宅和人氏は、政権の動きを歓迎したうえで、マイナンバーカードを全国民に早急に普及させるべきだと説く。

2020年12月11日

ヤフーCSO「テスラは“電魂物才”を体現した企業だ…」

安宅和人(慶應義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

ヤフーCSO「テスラは“電魂物才”を体現した企業だ…」

安宅和人(慶應義塾大学環境情報学部教授・ヤフー株式会社CSO)

菅政権でデジタル化が推進されているが、本当のデジタル化とはなにか――。そして経営者に求められる判断とは。

2020年12月11日

普段仕事に追われて、休日は家から出ない人は多いのではないだろうか。しかし一方で多忙でもプライベートが充実している人もいる。その差はなぜ生まれるのだろうか。

2020年12月10日

「プライベートを充実させることが仕事にもつながる」マネックス証券社長・清明祐子氏はリーダーになって確信したという。その真意とは――。

2020年12月07日

ソラコム「中小企業でも個人でも、誰もが低コストで手軽にIoTを使えるように」

【経営トップに聞く 第40回】玉川憲(ソラコム代表取締役社長)

ソラコム「中小企業でも個人でも、誰もが低コストで手軽にIoTを使えるように」

【経営トップに聞く 第40回】玉川憲(ソラコム代表取締役社長)

IoTを導入するためには高いコストがかかるという常識を変え、誰でもIoTを使えるようにしているのが、〔株〕ソラコムだ。創業社長の玉川憲氏に話を聞いた。

2020年12月03日

ニューヨークにあるIBM本社で働く中で、CEOに必要な能力は戦略立案だと痛感したと語る小出伸一氏。IBM再建の立役者から学んだ成長戦略は自身の経営にどのような影響を与えているのだろうか。

2020年11月25日

何を言っても部下が動かない…最大の原因は「上司の正義感」?

船坂光弘(ホスピタリティ・コンサルタント)

何を言っても部下が動かない…最大の原因は「上司の正義感」?

船坂光弘(ホスピタリティ・コンサルタント)

自分が正しいことを言っているのに部下が動いてくれない…そんな時は、部下の「心のコップ」を確認すると良いと船坂氏は語る。

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー

×