生き方

2021年11月17日

「家出した夫を待ち続ける妻」の人生が悩むことでしか救われない理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「家出した夫を待ち続ける妻」の人生が悩むことでしか救われない理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

恵まれている環境の中でいつも自分の不幸を嘆いている人がいる。彼らはどうして嘆くことばかり好むのか。"あえて"幸せにならない人の心理とは。

2021年11月15日

喫煙所の未設置は行政の怠慢

橋下 徹(元大阪府知事・弁護士)

喫煙所の未設置は行政の怠慢

橋下 徹(元大阪府知事・弁護士)

自由を守るにはルールが必要であり、そのルールの範囲内で互いの自由を認め合うのが正しい社会の在り方である。行政は私的スペースと公的スペースの中間領域を整備せよ――。

2021年11月11日

「自分の人生に他人事な人」に共通する反抗期の欠如

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「自分の人生に他人事な人」に共通する反抗期の欠如

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

自分の人生なのにいつまでも他人事のような人がいる。加藤諦三氏は、彼らには共通して幼少期に反抗期がなかったと語る。「よい子」が生まれる背景には何があるのだろうか。

2021年11月11日

2021年3月1日に107歳で逝去した世界的美術家、篠田桃紅さん。自身は無趣味であると語る同氏は、趣味とは実生活に役立たないものであると話す。

2021年11月05日

教育熱心な家庭の子がなぜ“問題児”になるのか?

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

教育熱心な家庭の子がなぜ“問題児”になるのか?

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

親から愛情をたくさん受けた子供は「よい子」に育つはず...しかし加藤諦三氏は意外にも"問題児"が育つ可能性も少なくないと話す。一体何故なのか。

2021年11月05日

ショパンコンクールでの快挙が記憶に新しい反田恭平氏。モスクワ音楽院に主席で入学するも中途退学するなど、しばしば破天荒と評されるスタイルはどのように培われたのだろうか。

2021年11月04日

2021年3月1日に107歳で逝去した世界的美術家・篠田桃紅さんは、形のないものをかたちにしたいと語った。同氏の随筆集からは、彼女の生き方が垣間見える。

2021年11月04日

親は誰よりも子どもに安全な道を歩かせたいと思うものである。しかし坪田塾塾長で「ビリギャル」著者・坪田信貴氏は、成功する人は皆失敗上手であると語る。

2021年11月03日

離婚を決意した女性の周りから「ずるい人」が消えた理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

離婚を決意した女性の周りから「ずるい人」が消えた理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

離婚を決意した途端に、その女性の周りから、彼女をいじめる人や騙そうとする人があっという間に消えたという。それは、なぜなのか?

2021年11月02日

第18回ショパン国際ピアノ・コンクールで日本人最高位となる2位を受賞した反田恭平氏。同氏がロシア留学時代に影響を受けたバレエについて、バレエダンサーの山本康介氏と語る。

2021年10月29日

夫の浮気が発覚しても...離婚できない女性を縛る「幼少期の記憶」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

夫の浮気が発覚しても...離婚できない女性を縛る「幼少期の記憶」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

夫に浮気をされながら、それを我慢している女性は多い――それはなぜか。加藤諦三氏は幼少期に劣等感を抱えたことが影響していると指摘する。

2021年10月27日

「挫折から幸せをつかむ人」と「挫折して病む人」の決定的な違い

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「挫折から幸せをつかむ人」と「挫折して病む人」の決定的な違い

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

どんなに悲惨な経験をしても「必ずまた幸せになれる」と信じること――。加藤諦三氏は、人は自分の人生を苦境に追い込む人と闘い、時に関係を断ち切る勇気が必要だという。

2021年10月26日

他人に悩みを打ち明けられず全て自分一人で解決しようとして、結局上手くいかない。韓国発の人気エッセイストであるチョ・ユミ氏が悩んだ末にたどり着いた悩み解消法とは――。

2021年10月22日

失敗してひどく落ち込むことがある。しかし人気エッセイストであるチョ・ユミ氏は、そんな時こそ歩き続ける必要があると語る。失敗から成功へ導く鍵とは何か。

2021年10月21日

誰にでも文句を言う人が知らない「つまらない人生の抜け出し方」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

誰にでも文句を言う人が知らない「つまらない人生の抜け出し方」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

大学がつまらない、仕事がつまらない...こんな文句を言っている人は人生を充実させることはできないと加藤諦三氏は語る。苦しみのない人生は不幸だと語る真意とは何か。

2021年10月18日

「マザコン夫と義母の同居圧力」に嘆く妻だけが犠牲者だと言い切れないワケ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「マザコン夫と義母の同居圧力」に嘆く妻だけが犠牲者だと言い切れないワケ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「自分はこんなに被害を受けた」と犠牲者的な発言ばかりする人がいる。手痛い経験から何かを積極的に学ぶ人と、苦しみに閉じ込められてしまう人――その違いはどこにあるのか?

2021年10月18日

日本最高齢の90歳フィットネスインストラクター・瀧島未香氏は、運動経験ゼロからでも身体を動かしたら人生が変わったと語る。現在に至るまでどのような経緯があったのだろうか。

2021年10月18日

東京でひとり生きていると、いろんなドラマがあるもの。作家・岸田奈美さんは、東京で暮らした数年間、一生に一度しか起こらないようなことに何度も遭遇します。その生活史をお届けします。

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×