ホーム » 生き方

生き方

2018年05月11日

<連載>「パラアスリートの肖像」第9回 平昌パラリンピック体験記

山田清機(ノンフィクション作家)、人物撮影=尾関裕士

<連載>「パラアスリートの肖像」第9回 平昌パラリンピック体験記

山田清機(ノンフィクション作家)、人物撮影=尾関裕士

  (前回までの内容はこちらから)   平昌パラリンピック開会式をみつめる筆者   厳寒の平昌開会式  2018年3月9日午後7時。  前を...

2018年05月01日

「ありがとう」は古来から日本で使用される言葉。しかし江戸、明治から現代に至るまで本来の意味が失われつつある。「ありがとう」が内包する深い意味とは? なぜそれが失われつつあるのか?

2018年04月27日

論理思考を超えた「鋭い直観力」とデータベースを超えた「膨大な記憶力」は誰にも備わっていて、それを生み出すのが「深く考える力」。それは、決して、長い時間をかけて考えることや、一生懸命に頭を絞って考えることではない。

2018年04月25日

米国奇跡の子ども合唱団、「ワン・ボイス」という名にこめられた思い

福田真史 Masa Fukuda(音楽プロデューサー、ディレクター)

米国奇跡の子ども合唱団、「ワン・ボイス」という名にこめられた思い

福田真史 Masa Fukuda(音楽プロデューサー、ディレクター)

YOUTUBE再生回数1億5000万回超え! 個性を生かしたハーモニーで奇跡といわれる合唱団を率いる日本人・福田真史 Masa Fukudaが、「ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイア」という名にこめた思いとは?

2018年04月19日

芥川賞作家・又吉直樹氏もその作品を称賛し、ショートショートの旗手として注目される作家の田丸雅智氏。実は東京大学工学部、同大学院を経て作家となったキャリアを持つ。なぜ東大、それも理系卒で作家を志したのか? その理由、さらに学ぶことの意義、作家としてのスタンスを聞いた。

2018年04月10日

  (前回までの内容はこちらから)   平昌パラリンピック代表メンバー(写真:編集部)   引きこもり  日本代表の、目下最大の課題はメンバーの...

2018年03月10日

  (前回までの内容はこちらから)  出る杭は打たれる横並び意識の強いこの国に生きていて、謙虚な人のことを称揚するのはあまり好きではない。  むしろ、多少横柄でも突...

2018年03月08日

3月15日、百田尚樹先生の最新刊『逃げる力』(PHP新書)発売開始! いついかなるときも強気に思える百田さんが、なぜこんな本を書いたのか? その「まえがき」を特別公開!日本人には、逃げる力が必要だ!

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×