ホーム » 生き方

生き方

2020年10月21日

リスグラシュー、コントレイルなど圧倒的な強さを示す競走馬を次々と送り出す矢作厩舎。牽引する調教師の矢作芳人氏は、この世界では少々珍しい経歴の持ち主だった。

2020年09月24日

「ネットで他人の批判ばかりしている人」に待ち受ける“悲しい現実”

堀田秀吾(明治大学教授)&吉澤恵理(医療ジャーナリスト)

「ネットで他人の批判ばかりしている人」に待ち受ける“悲しい現実”

堀田秀吾(明治大学教授)&吉澤恵理(医療ジャーナリスト)

SNSに渦巻く誹謗中傷の嵐、そしてそれが原因で追い込まれていく多くの人。便利で楽しいネット空間だったはずが、なぜこれほどに殺伐とした場になってしまったのか?

2020年09月23日

酒、薬物、ギャンブル…あらゆる依存症を経験した男性が「最後にハマったもの」

アンディ・プディコム(臨床瞑想コンサルタント)、訳:満園真木

酒、薬物、ギャンブル…あらゆる依存症を経験した男性が「最後にハマったもの」

アンディ・プディコム(臨床瞑想コンサルタント)、訳:満園真木

傍目からみれば順風満帆な人生を送っている人が、実は内面では不安の感情に怯えている。ビル・ゲイツ氏も傾倒するプディコム氏がそんな感情との付き合い方を示す。

2020年09月20日

学生時代にいなかった「嫌な人」が、社会に出ると増えるのはなぜか?

前野隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)

学生時代にいなかった「嫌な人」が、社会に出ると増えるのはなぜか?

前野隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)

社会に出て組織に属すると、学生時代には考えられなかった「嫌な人」に出くわして驚くことはないだろうか? こういう類の人がなぜ生まれてしまうのか? 科学者が考察する。

2020年09月20日

「恋人ほしさに」ダイエット依存…女性を悪循環から救った“10分間の習慣”

アンディ・プディコム(臨床瞑想コンサルタント)、訳:満園真木

「恋人ほしさに」ダイエット依存…女性を悪循環から救った“10分間の習慣”

アンディ・プディコム(臨床瞑想コンサルタント)、訳:満園真木

「痩せていなければ恋人ができない」と強迫観念にかられた女性。ビル・ゲイツ氏も傾倒するアンディ・プディコム氏はその心をどう解きほぐしたのか?

2020年09月18日

小さなことでも気に病んで心配がつきない繊細な人。そんな心配性は日本人に多いと前野隆司教授は指摘する。なぜなのか? そして心配性な性格とどう向き合うのが有効か?

2020年09月17日

妻が誰かと逃げてしまうのでは…幸せな家庭を築いた40代男性から「不安」が消えない理由

アンディ・プディコム(臨床瞑想コンサルタント)、訳:満園真木

妻が誰かと逃げてしまうのでは…幸せな家庭を築いた40代男性から「不安」が消えない理由

アンディ・プディコム(臨床瞑想コンサルタント)、訳:満園真木

傍目からみれば順風満帆な人生を送っている人が、実は内面では不安の感情に怯えている。ビル・ゲイツ氏も傾倒するプディコム氏がそんな感情との付き合い方を示す。

2020年09月16日

40歳という年齢をどう捉え、そしてどう行動するかで以降の人生が大きく変わってくる。働く多くの人課から熱い支持を集める佐々木常夫氏はどう考え、何を実践したのか?

2020年09月12日

「悲しむ」という感情は一見、ネガティブな表現に思います。しかし、実は折れない心をつくるには、このような負の感情をさらけ出すことが重要なのです。

2020年09月09日

家にいながらもタスクを一瞬で片づけてしまう。そんなモチベーションを手に入れる方法は「付箋」の使い方をちょっと工夫するだけだった。ケンブリッジ大学大学院で心理学を学び、その指導法で国内外の教育機関や企業、トップアスリートなどからも注目されている塚本亮氏に聞く。

2020年08月29日

広告コピーを集めて一冊の本にした『毎日読みたい365日の広告コピー』が注目を集めている。しかしこの本、なぜか「野球に関するコピー」が多く掲載されている。その理由とは?

2020年08月28日

出産を機に退職、育児が一段落した段階で仕事復帰…そう思い描いていた人に立ちはだかる「キャリアのブランク」扱い問題。大洞静枝さんも復帰までに苦労した一人だった。

2020年08月24日

「年収4000万円で中流階級」とも言われるシリコンバレーで年収1億円を達成したWEBエンジニアの酒井潤氏が、現地で学んだ「稼ぐ思考法」を語る。

2020年08月24日

どんなに会社を愛しても、会社がそれに応えてくれるとは限らない現代。今、40代がすべきこととは?

2020年08月23日

「他人と一緒に居るのが苦痛な人」が抱える”不快感”の正体

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「他人と一緒に居るのが苦痛な人」が抱える”不快感”の正体

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

人といると何となく気まずい。それは、幼少期のあなたと親の関係を反映している。それでは人間関係が上手くいかない人はどのように生きていけばいいだろうか。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×