ホーム » 生き方

生き方

2019年07月03日

ベルリッツ、モルガン・スタンレー、Googleで、人材育成、組織開発などの分野で活躍した、ピョートル・フェリクス・グジバチ氏が示す「年齢に関係なく活躍する人」の働き方。

2019年07月01日

4年連続で「世界一清潔な空港」に選ばれた羽田空港。その清掃のクオリティを支える新津春子さんが最も大切にしていることがあるという。

2019年06月24日

「一見いい人なのに」秘密を吹聴して仕事を奪う“スパイ系女子”

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

「一見いい人なのに」秘密を吹聴して仕事を奪う“スパイ系女子”

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

飲みに誘ってもらったときに、つい心を許して秘密の話をしてしまった。その情報を利用して仕事を奪ってしまう。人心掌握術に長けたこの「一見いい人」にどう対処すべきか?

2019年06月22日

なぜ「第一印象が良い人」ほど警戒すべきなのか?

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

なぜ「第一印象が良い人」ほど警戒すべきなのか?

下園壮太(メンタルレスキューシニアトレーナー)

陸上自衛隊衛生学校で多くの隊員のメンタルヘルス指導を行ってきた下園壮太氏。そんな経験から下園氏は「第一印象のいい人」が他人の心を蝕むという。なぜなのか?

2019年06月07日

日本人が「休み下手」なのは、そもそも仕事や人生に対する考え方が、海外の一流のビジネスパーソンたちと違うからだと、長年、外資系企業でエグゼクティブたちの秘書を務めてきた能町光香氏は話す。

2019年06月03日

真田幸光氏は戦国武将・真田信之の子孫であり、かつ国際金融論の専門家として活躍している。そんな真田氏が大切にしている「先祖の教え」があるという。

2019年05月27日

戦国武将・真田信之の末裔が幼少期に受けた「真田家の教育」

真田幸光(真田信之末裔、愛知淑徳大学教授)

戦国武将・真田信之の末裔が幼少期に受けた「真田家の教育」

真田幸光(真田信之末裔、愛知淑徳大学教授)

戦国部長・真田信之から数えて14代目にあたる真田幸光氏。国際金融論の専門家として活躍する同氏は、幼少期に受けた「真田家の教育」が世界を股にかける自身の礎を築いたという。

2019年05月25日

現代に生きる真田信之の末裔 厳しかった「上杉家出身」の祖母の“思い出”

真田幸光(真田信之末裔),上杉邦憲(上杉家17代当主)

現代に生きる真田信之の末裔 厳しかった「上杉家出身」の祖母の“思い出”

真田幸光(真田信之末裔),上杉邦憲(上杉家17代当主)

真田信之の末裔である真田幸光氏。実は祖母が上杉家の出身で、真田氏はその祖母から厳しいしつけを受けて育ったという。真田氏が語る上杉家との思い出。

2019年05月24日

母親との関係、つらい通勤などのプレッシャーに悩まされた結果アルコール依存に陥った女性。子どもの小遣いに手をつけてまで酒を飲む状態に。「依存」とどう向き合うべきなのか?

2019年04月26日

「臓器摘出は道徳的に正当化できるか?」イェール大学哲学教授からの問い

シェリー・ケーガン(イェール大学哲学教授) 柴田裕之 (翻訳)

「臓器摘出は道徳的に正当化できるか?」イェール大学哲学教授からの問い

シェリー・ケーガン(イェール大学哲学教授) 柴田裕之 (翻訳)

イェール大学の哲学教授であるシェリー・ケーガン氏の人気講義の一端を紹介。臓器移植は道徳的に許されるのか? 殺人との境界線は? 殺されない権利は誰が持っているのか?

2019年04月25日

2019年4月17日、『子連れ狼』の原作者として知られる小池一夫さんが亡くなった。90万人のフォロワーを集める小池さんのTwitterアカウントから、その思いの詰まった言葉を紹介する。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×