生き方

2021年02月04日

「本当は嫌いなこと」を自覚すれば、“生きづらさ”が和らぐ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「本当は嫌いなこと」を自覚すれば、“生きづらさ”が和らぐ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

不安に駆られて辛い人は「自分の本性」に逆らったことをしていると、加藤諦三氏は指摘する。見失っていた「本性」を引き出すには、どのような方法を取ればよいのか。

2021年02月03日

作家・岸田奈美さんの父親は、岸田さんが中学生のときに急性心筋梗塞で亡くなります。いつもおもしろくて突拍子もなかった父親は、幼稚園児だった岸田さんに英語版「ファービー」と、初代「iMac」を買い与えたのでした。

2021年02月01日

「嫌いな姑の不健康を願っていた妻」の心に芽生えた“やさしさ”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「嫌いな姑の不健康を願っていた妻」の心に芽生えた“やさしさ”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

人は心に問題を抱えていれば、やさしくはなれない。やさしさを考えることは、人間の心とは何かを考えることでもある。では、やさしい人、やさしくない人の違いは何なのだろう。

2021年01月30日

「すぐに張り合ってくる人」が“人生を焦っている”のはなぜか

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「すぐに張り合ってくる人」が“人生を焦っている”のはなぜか

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

誰しも一人や二人、出会ったことのある「いつも張り合ってくる人」。好かれたいはずの彼らはなぜ、そのような行動に出てしまうのか。

2021年01月29日

「周囲の評判ばかりを気にする親」に縛られ続けた子の悲劇

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「周囲の評判ばかりを気にする親」に縛られ続けた子の悲劇

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

近年、社会問題として頻繁に挙げられている、“心の病”の問題。こうした心の病を患う人は真面目であるがゆえに、子どもの頃から親の高い要求に応えようとしてきた、と加藤諦三氏は指摘する。

2021年01月28日

「今より少し静かな郊外に引っ越して仕事をしながら自由な時間を増やしたい」。会社でのリモートワークが進み、そんな思いに駆られる人も増えてきたのではないだろうか。では、田舎で暮らしの人間関係は、どう乗り越えればいいのだろうか。

2021年01月27日

「自分に自信が持てない人」ほど他人を束縛したがる“負の連鎖”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「自分に自信が持てない人」ほど他人を束縛したがる“負の連鎖”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

他者や過去に対して“束縛”をする迷惑な人は、「自然の変化にさからうことで、ストレスが増し、それがさらに内面の憎しみと恐怖を増大させる」こう加藤諦三氏は指摘する。その実態とは。

2021年01月26日

「優越感に浸りたがる人」が悩み続ける”生きづらさ”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「優越感に浸りたがる人」が悩み続ける”生きづらさ”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

早稲田大学名誉教授である加藤諦三氏は、「他人より優越したい」と権力やお金のために行動してしまう人は、育った環境が影響していると指摘する。

2021年01月21日

作家・岸田奈美さんは父親が早くに亡くなり、弟はダウン症、母親は高校生の頃に病に倒れました。そんな岸田さんの大学受験はE判定でスタート。いかにして志望校合格を果たすことができたのでしょうか。

2021年01月19日

作家・岸田奈美さんは、中学生のときに父親を亡くし、弟は知的障害者。高校生のときに母親は下半身が不自由となり車いす生活に。絶望に耐えられず「死にたい」と漏らした母親に、岸田さんがかけた言葉は。

2021年01月06日

仕事、友達、恋愛。さまざまな人間関係の中で、すり減ってしまう“自己肯定感”。ささいなことがきっかけで落ち込んでしまうこともありますよね。そんなときに思い出すと気持ちがちょっと軽くなる考え方を紹介します。

2020年12月31日

親に対して「お父さんクサーイ」「うるせぇな」くらいしか言わなくなる思春期の子どもは多い。開成高校・元校長の柳沢幸雄氏がそんな思春期の子どもを持つ親の取るべき行動について語る。

2020年12月30日

多くの人が悩んでいる人間関係――周囲に気を使いすぎて精神を消耗しているのであれば「人間関係を整理」したほうが良いかもしれない。

2020年12月24日

恋人に「親からの愛」を求め続ける人間の悲劇

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

恋人に「親からの愛」を求め続ける人間の悲劇

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

幼少期に「親からの愛」を感じなかった子供の人生は苦しい。恋愛が長続きしないのは与えられなかった「親からの愛」を恋人に求め続けるからである。

2020年12月23日

遅刻しても謝らない人、何事も頭ごなしに否定してくる人――こういった無神経な人に、誰しも頭を抱えた経験があるのではないでしょうか。そうしたストレスと上手く付き合う方法について紹介します。

2020年12月17日

「誰からも嫌われたくない人」が誰からも好かれなくなる皮肉

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「誰からも嫌われたくない人」が誰からも好かれなくなる皮肉

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

いつの時代も人間関係に悩むひとは多い。しかしその背景にある問題を見つめれば生き方が楽になるかもしれない。

2020年12月10日

コロナ禍で、自分の「生き方」、さらに「運命」について見つめ直す機会としている人もいるのではないだろうか。そうした私たちに有益な示唆を与えるであろう「安岡正篤」の講話の一部を孫の安岡定子氏が紹介する。

2020年12月10日

「不要なものを捨てられる人」が最後に勝ち残る

藤原和博(教育改⾰実践家,元杉並区⽴和⽥中学校・元校⻑)

「不要なものを捨てられる人」が最後に勝ち残る

藤原和博(教育改⾰実践家,元杉並区⽴和⽥中学校・元校⻑)

リクルートではビジネスパーソンとして、校長先生としては教育者として活躍し続けた藤原和博氏。業界やカテゴリを超えて求められる人になる方法を語る。

2020年12月09日

「感情は抑制して人や会社のために尽くそう。」こう考えて、悩みを抱える人は多いのではないか。フライヤー代表・大賀氏がおすすめする名著から、正しい感情との向き合い方について紹介する。

2020年12月07日

「部下に嫉妬する上司」に足を引っ張られない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー、株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役)

「部下に嫉妬する上司」に足を引っ張られない方法

大嶋信頼(心理カウンセラー、株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役)

心理カウンセラーの大嶋信頼氏は、「暗示」や「嫉妬」は、実は金銭的な問題を引き起こす原因になると指摘します。この問題から抜け出すには、“無意識の力”を身に着けることが必要なんだそう。

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×