ホーム » 生き方

生き方

2020年02月07日

なぜ、幸せな定年生活に仏教が役立つのか

鵜飼秀徳(正覚寺副住職・ジャーナリスト)

なぜ、幸せな定年生活に仏教が役立つのか

鵜飼秀徳(正覚寺副住職・ジャーナリスト)

何よりもまず「結果」を求められるビジネス。その厳しい世界ゆえ、いわゆる「成果主義 疲れ」に陥る現代人も少なくない。そんななか、「仏教」にこそ人生を幸せに送るヒントがあると説く、正覚寺副住職・ジャーナリストの鵜飼秀徳氏に詳しい話を伺った。

2020年02月05日

89歳のオーディスは「私は家族で唯一の生き残り」と緩和ケア病棟で語る。長く生きれば、死への思いは変わるのか? 人生の終末を見つめる患者が教えてくれる「大切なこと」

2020年02月04日

人事を尽くして天命を待つ……松下幸之助 心軽やかに生きるコツ

大江弘(PHP研究所経営理念研究本部 主席研究員)

人事を尽くして天命を待つ……松下幸之助 心軽やかに生きるコツ

大江弘(PHP研究所経営理念研究本部 主席研究員)

「人事をつくして天命を待つ」――こんな心持ちに至るとき、人は悩みや迷いから解放されるのかもしれません。松下幸之助が実践した「心軽やかに生きるコツ」。

2020年02月03日

「自分のことより、相手に尽くせ」がビジネスの現場で再注目されている。この考えは、仏教思想の「布施」と大きく関係する。ジャーナリスト僧侶の鵜飼秀徳氏が解説する。

2020年01月30日

歴史的な快進撃を見せ、現在の将棋界を代表する藤井聡太七段。圧倒的な勝率を誇るが、目の前の勝ちだけを目指しているわけではないと、師匠であるプロ棋士の杉本昌隆氏は語る。幼少から見守ってきた師匠が、藤井七段の「勝ちの美学」を明かす。

2020年01月29日

会社員を辞め、オリジナルのお茶のブランド「AKEBONO TEA」を立ち上げた田中美怜氏に、どのように起業したのか話を聞いた。

2020年01月28日

千の悩みも悩めるのは一つだけ?~松下幸之助 心軽やかに生きるコツ

大江弘(PHP研究所経営理念研究本部 主席研究員)

千の悩みも悩めるのは一つだけ?~松下幸之助 心軽やかに生きるコツ

大江弘(PHP研究所経営理念研究本部 主席研究員)

悩み事がたくさんあるからといって心を重く暗くすることはありません。千の悩みも悩めるのは一つだけなのですから。松下幸之助に学ぶ「心軽やかに生きるコツ」。

2020年01月27日

悩みは人生のスパイスになる~松下幸之助 心軽やかに生きるコツ

大江弘(PHP研究所経営理念研究本部 主席研究員)

悩みは人生のスパイスになる~松下幸之助 心軽やかに生きるコツ

大江弘(PHP研究所経営理念研究本部 主席研究員)

毎日楽しく軽やかな心で暮らしたいものですが、とかくこの世は心煩わすことばかり。そんな日々のヒントに、松下幸之助に心軽やかに生きるコツをご紹介します。

2020年01月22日

職場でも家庭でもない「第3の場所」での学びに興味はあるけれども、どんなところなのかわからず、気が引けて一歩が踏み出せない……。そんな人も少なくないだろう。そこで今回、編集部は、「Read for Action」という読書会の様子を取材した。

2020年01月16日

愛される夫は、妻と”共感型”の会話をする

黒川伊保子(脳科学・AI研究者)

愛される夫は、妻と”共感型”の会話をする

黒川伊保子(脳科学・AI研究者)

脳科学の分野から、”夫”と”妻”の脳の構造の違いを説き、大ベストセラーになった『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』。今回は、著者・黒川伊保子さんに、妻をイライラさせる夫の行動心理を説明。夫婦が分かり合う方法とはいかに。

2020年01月15日

外国人労働者とその周りの人物の「生きづらさ」を描いた映画『コンプリシティ/優しい共犯』。昭和、平成、令和の3代を通じて第一線で活躍し、本作で蕎麦職人を演じた藤竜也さんに、作品の魅力や役どころ、俳優としての信念について聞いた。

2020年01月13日

外国人労働者とその周りの人物の「生きづらさ」を描いた映画『コンプリシティ/優しい共犯』。昭和、平成、令和の3代を通じて第一線で活躍し、本作で蕎麦職人を演じた藤竜也さんに、作品の魅力や役どころ、俳優としての信念について聞いた。

2020年01月12日

「夫の気が利かない」は濡れ衣だ

黒川伊保子(脳科学・AI研究者)

「夫の気が利かない」は濡れ衣だ

黒川伊保子(脳科学・AI研究者)

脳科学の分野から、”夫”と”妻”の脳の構造の違いを説き、大ベストセラーになった『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』。今回は、著者・黒川伊保子さんに、妻をイライラさせる夫の行動心理を説明。夫婦が分かり合う方法とはいかに。

2020年01月10日

聖人の道を一貫して実現させてきたわが日本国こそ、本物の「道義国家」である。「中華」「中朝」と賛美されて崇められてきた中国よりも、わが日本国こそが本物の「中華」であり、まさに「真中の王朝」としての「中朝」なのである。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×